HOME部門紹介検査部:検体検査

部門紹介

部門紹介

利用のご案内

外来受付時間
午前8時30分から午前11時
まで
お問い合わせ
電話: 027-224-4585
FAX: 027-243-3380
休診日
土曜日・日曜日・祝祭日
創立記念日(3/23)
年末年始(12/29~1/3)

交通のご案内

検査部:検体検査

液体検査

中央採血室、各科外来、各病棟、救急外来で患者さんより採取した、血液、尿などの検査をしています。病気により増えたり、減ったり、普段はあまり見られない物質が血液の中に出てきたり、また、治療経過の中での増減を測定しています。 採血した血液をそのまま測定したり、凝固した後に、遠心分離という操作を行い、上澄みの部分(血清)を検査に用いたり、また遠心分離して下に沈んだ部分(血球)を測定に用いたりしています。

一般検査

一般検査

一般検査は、検尿検査が主で、便検査や髄液なども検査しています。
【尿検査】
尿中に蛋白や糖が出ていないか、出血が無いかなどを試験紙によって調べます。さらに顕微鏡で詳しく見て、細菌の有無や、悪性細胞は無いかなどを確認し、腎疾患、尿路感染(膀胱炎など)結石等の診断に役立てます。
【便検査】
消化管出血の有無を調べる便潜血検査や、寄生虫卵の有無などを行います。
便潜血検査は、消化管のがんや胃・十二指腸潰瘍などの早期診断に役立ちます。
便潜血の検体を採取する場合は、便の数箇所より検体を取って下さい。
【脳脊髄液検査】
脳・脊髄の病気、特に脳出血、くも膜下出血、髄膜炎が疑われるときに検査します。髄液の色や、含まれている細胞、蛋白、糖、電解質などを測定します。

臨床化学

臨床科学

主に血清や尿などにそれぞれの物質がどの位含まれているのかを測定しています。
また、県内で行われている、検査値の標準化事業にも参加しております。
【肝機能検査】AST、ALT、γGTP、ALP、LD、血清蛋白、ビリルビン、コリンエステラーゼ
【心機能検査】CK、CKMB、トロポニンT
【腎機能検査】尿素窒素、尿酸、クレアチニン
【膵機能検査】アミラーゼ
【脂質検査】コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪
【糖代謝検査】血糖、HBA1c、グリコアルブミン
【電解質検査】ナトリウム、カリウム、クロール、カルシウム
【ホルモン検査】フリーT3、フリーT4、TSH、LH、FSH、PRL
【腫瘍マーカー検査】AFP、CEA、CA19-9、CA125
【薬物検査】気管支拡張剤、抗てんかん剤、アルコール、免疫抑制剤、抗生物質、強心剤

免疫検査

免疫検査

アレルギー、免疫疾患、ウイルスに感染したときの抗体を検査しています。
【アレルギー検査】IgE、特異IgE(スギ花粉、ハウスダスト、牛乳、卵、真菌等)
【免疫グロブリン】IgA、IgM、IgG
【感染症検査】B型肝炎ウイルス抗原・抗体、C型肝炎ウイルス抗体、A型肝炎ウイルス抗体、梅毒抗体、HIV抗体、インフルエンザ抗体、アデノウイルス抗体
【その他】リウマチ因子、栄養アセスメント蛋白

輸血検査

輸血検査

重度の貧血、大量出血、手術の時の出血、血液の凝固異常などの場合に、赤血球成分、血漿成分、血小板成分等の輸血が行われます。厚生労働省の「輸血療法の実施に関する指針」に従い、そして、輸血が安全に行われるよう、以下の方法を実施しています。
【血液型検査】ABO式、Rh式血液型など
【不規則性抗体検査】ABO血液型以外の赤血球に対する抗体の検査
【交差適合試験】輸血用の血液と患者さんの血液の間で検査を行い、適応していることを確認します。
【血液照射】輸血用の血液のリンパ球が輸血を受けた人の体を攻撃する(GVHD)のを防ぐため、輸血用血液に放射線照射をします。
【自己血輸血】輸血を受ける患者さん自身の血液を事前に採血保存しておき、手術時に使用します。自分の血液なので、輸血による免疫反応や感染症のリスクがなく、安全です。

細菌検査

細菌検査

細菌は、顕微鏡でやっと見られる大きさの非常に小さな生物です。私たちの周りには様々な種類の細菌が存在し、その中には人間に対して有害に働くものもあります。
そこで、細菌検査室では、患者さんから提出される様々な検体を培養し調べることにより、どのような細菌に感染をしているのか、またその菌にはどういった薬(抗生物質)が有効なのかを検査しています。
結果を出すまでには、菌を育てるため、数日間を要します。
抗生物質が効かない菌(耐性菌)の調査は院内感染対策に役立っています。

血液検査

血液検査

【血球算定検査】
血液は、人間の体重のおよそ7%を占めています。赤血球、白血球、血小板などの細胞成分と、血漿と呼ばれる蛋白や糖、電解質などからなる液体の成分との両方からできています。主に貧血の有無や、感染症による白血球の増加などを検査しています。また、白血球の種類を分類することにより、血液疾患を調べることができます。
【凝固検査】
全身における血栓症(脳梗塞や心筋梗塞など)の予防や治療のためや、先天性出血性疾患(凝固障害)の検査をしています。