HOME部門紹介検査部:生理検査

部門紹介

部門紹介

利用のご案内

外来受付時間
午前8時30分から午前11時
まで
お問い合わせ
電話: 027-224-4585
FAX: 027-243-3380
休診日
土曜日・日曜日・祝祭日
創立記念日(3/23)
年末年始(12/29~1/3)

交通のご案内

検査部:生理検査

生理検査とは、いろいろな機器を用いて患者さんの心臓や肺、脳などの機能を調べたり、肝臓や胆嚢などの形態を観察したりする検査です。一部の検査を除いて痛みはありませんが、中には患者さんに頑張っていただかなければならない検査もありますので、ご協力をお願いします。検査について不安や疑問がございましたら、お気軽にお尋ねください。
また、当検査室ではひと間違い防止のため、検査時にご本人のお名前を確認させていただいております。

心電図

心電図

心臓は自ら拍動し、全身に血液を送り出すポンプのような働きをしています。心電図とは、心臓の拍動によって生じる微弱な電気的変化を、波形として記録したものです。電気は流れませんので、痛みはありません。
心電図では、不整脈(脈が速いか、遅いか、乱れがあるか)や心臓の肥大・拡張、心筋障害(心筋梗塞や狭心症)、電気興奮の伝わり方の異常などが分かります。
女性の方の心電図はできるだけ女性技師が担当するよう配慮しておりますが、やむを得ず男性技師が行うことがあります。女性技師による検査を希望される方は遠慮なくお申し出ください。
一般検査は、検尿検査が主で、便検査や髄液なども検査しています。

負荷心電図

運動をして、脈拍が上昇した時の心電図の変化を見る検査です。安静時には見られない、運動によって引き起こされる狭心症や不整脈などの診断に有用です。また、手術前の心臓の状態を評価するためにも行います。
2段の階段を1段ずつ昇降するマスター負荷心電図と、速度や傾斜が変わるベルトコンベアの上を歩くトレッドミル検査があります。

ホルター心電図

帯型の記録器を身につけて、日常生活の心電図を24時間連続で記録する検査です。胸がドキドキする、脈が飛ぶ、または発作性の胸痛や胸の圧迫感、失神などの自覚症状がある場合に、その症状の原因が心臓にあるかどうかを調べるのに有用です。その他、不整脈の種類や頻度、薬の効果、ペースメーカーの評価などの目的でも検査します。

ABI検査

両腕・両足の血圧を同時に測定し、手と足の血圧の差や左右差を調べる検査です。ABIは足の血圧÷腕の血圧の値で表されます。血管が狭くなったり詰まっていたりすると足の血圧は下がり、ABIは低くなります。また、同時にPWV(脈波伝播速度)を計測し、血管の硬さを調べることができます。PWVが早いほど動脈が硬くなっている(動脈硬化が進んでいる)ことを示します。

肺機能検査

肺機能検査

肺は体の活動に必要な酸素を取り入れて、活動の結果生じた二酸化炭素を排出するガス交換の役割をしています。肺気能検査では、肺の大きさや柔らかさ、ガス交換の効率などを調べ、肺機能障害の種類や重症度の評価を行います。また、全身麻酔で手術をされる患者さんでは、術中の呼吸管理を安全に行うために術前検査として行っています。
項目としては、どれくらい大きく吸えて、どれくらい大きく吐けるかを調べる肺活量や、1秒間にどれくらい早く息を吐けるかを調べる努力性肺活量、吐けなくなるまで吐いても肺内に残る空気の量を測る機能的残気量、ガス交換の良し悪しを見る肺拡散能などがあります。
肺気能検査は、患者さんの努力によって検査結果が大きく左右されます。私たち技師の声に合わせて、より良い検査ができるように頑張りましょう。

脳波

大脳の表面の大脳皮質というところでは、無数の神経細胞がネットワークを形成して情報を分析し、さまざまな命令を全身に伝達しています。脳波とは、この脳神経細胞の活動によって生じる電気的変化を記録したものです。いろいろな状態の脳波を見るために、開閉眼・過呼吸・光刺激などの負荷を行います。脳波は、てんかんや意識障害などの診断に有用です。

超音波検査(エコー)

超音波検査(エコー)

超音波とは、20,000Hz以上の人の耳には聞こえないくらいの高い周波数の音を言います。超音波検査では、さらに高い2MHz(2×106Hz)以上の超音波を体にあて、いろいろな臓器に当たってはね返ってくる反射波(エコー)を映像化しモニターに映し出します。
心エコーでは、心臓の大きさや構造、動きや血流動態の評価を行います。腹部エコーでは、肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓・膀胱・前立腺・子宮・卵巣・消化管などの、表在エコーでは、乳腺や甲状腺・精巣などの形態的な異常や腫瘤性病変の有無などを観察します。また、頸動脈エコーでは動脈硬化の評価、四肢血管エコーでは、動脈硬化および深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)の有無などの評価も可能です。
検査する部位に、超音波を出すプローブという器具をあてるだけで、痛みはありません。また、繰り返し検査をしても身体に影響はありませんので、安心して検査を受けていただけます。
当検査室では、女性の方の心エコーおよび乳腺エコーについては女性技師が、精巣エコーについては男性技師が担当しておりますが、その他の検査に関しては、特に女性技師・男性技師の区別はしておりません。女性技師による検査を希望される方は、遠慮なくお申し出ください。

聴力検査

音の聞え方には2通りあります。ほとんどの場合、音は耳の穴から入り外耳道を通って鼓膜に達します。鼓膜の振動は耳小骨という3つの小さな骨に伝わり、最後に内耳に伝わります。これを気導聴力と言います。もう1つは、頭蓋骨の振動が直接内耳に伝わるもので、骨導聴力と言います。聴力検査では、この2つの音の聞え方から難聴の種類や、程度の評価などを行います。
この他、音の聞える範囲を繰り返し調べる自記オージオ、補聴器適用時に言葉の明瞭度を調べるスピーチオージオなどがあります。また、乳幼児や意識低下のある患者さんには、客観的測定機器を用いた聴性脳幹反応(ABR)を行います。
聴力検査は、自己申請により結果が決まるため患者さんの協力が必要です。結果のばらつきが大きく信頼性に欠ける場合には、検査時間が長くなったり結果が正確でなかったりする場合があります。

終夜睡眠ポリグラフ(PSG)

睡眠時に大きないびきをかいている、いびきといびきの間に呼吸が止まると言われる、毎日きちんと睡眠をとっているのに昼間でも眠くて仕方がない、などの症状はありませんか?このような症状がある場合、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性があります。
SASは一般に肥満の方に多いと思われがちですが、日本人ではあごの骨の形から肥満でない人にも見られる病気です。呼吸が止まると、脳が「危ない」と判断して呼吸を再開させます。この時、自分では気が付かないほんの短い時間、脳が覚醒します。これを一晩に何回も繰り返すため、深い睡眠がとれないのです。また、呼吸が止まるたびに血液中の酸素は不足し、脳や心臓血管系を徐々に蝕んでいきます。そのため、SASの患者さんでは交通事故の頻度が高いばかりでなく、脳梗塞や心筋梗塞などにかかる確立が非常に高くなります。
PSG検査では、体にいろいろなセンサーをつけて、睡眠中の脳波や呼吸の状態、心電図、いびき音、血液中の酸素の量などを記録します。検査に際しては専用の個室を用意していますので、いびきの大きさなどは気にせずお休みいただけます。