HOME部門紹介検査部:病理診断

部門紹介

部門紹介

利用のご案内

外来受付時間
午前8時30分から午前11時
まで
お問い合わせ
電話: 027-224-4585
FAX: 027-243-3380
休診日
土曜日・日曜日・祝祭日
創立記念日(3/23)
年末年始(12/29~1/3)

交通のご案内

検査部:病理診断

病理検査には大きく分けて2つの検査があります。

組織診断

組織診断

組織診断とは、患者さんの体の病変がある部分から小量の組織を取ってきて顕微鏡標本をつくり、病気の最終診断をすることです。特に、がんなどの重大な病気では、必必ず病理診断が行われます。病理診断は最終診断になりますので、責任が重く、高い精度が要求されます。当院では日本病理学会が認定した病理専門医が担当しています。また、がんで手術をした患者さんの組織についても、がんの進行度や完全に切除できたかどうかなどを詳しく調べます。
病理検査は顕微鏡標本を作製して細かく調べるため、他の血液・生化学検査などに比べて時間がかかります。生検といわれる小さな組織でも数日、手術で切除した大きな臓器では1-2週間の時間が必要です。
がんが強く疑われて手術が必要な病気でも、手術前に病理検査ができない部位もあります。また、がんが完全に切除出来たか手術中に確認したい場合や、手術前には予想できなかった病変が手術中に見つかることもあります。このような時には、特別な方法で標本を作製し手術中に病理診断をする、術中迅速診断を行います。これは病理専門医が常勤している病院しかできない検査です。

細胞診断

細胞診断

細胞診断とは、病変部からごく微量の細胞を採取して病気の診断をする検査です。肺癌検診で行われる喀痰検査や婦人科検診などは皆さんご存知でしょう。尿、胸水、腹水などに含まれているがん細胞を探すのは細胞診の専門分野です。最近では乳腺や甲状腺のしこり部分に針を刺して細胞を採取し、がん細胞を調べる穿刺吸引細胞診が広く行われています。
採取された無数の細胞の中から、数個のがん細胞を見つけ出すのは、厳しい試験を合格し、専門の訓練を受けた細胞検査士の仕事です。最終診断は、細胞診専門医と共に行います。当院では4人の細胞検査士と1人の細胞診専門医(指導医)が常勤し、担当しています。