HOME部門紹介放射線科部:マンモグラフィ

部門紹介

部門紹介

利用のご案内

外来受付時間
午前8時30分から午前11時
まで
お問い合わせ
電話: 027-224-4585
FAX: 027-243-3380
休診日
土曜日・日曜日・祝祭日
創立記念日(3/23)
年末年始(12/29~1/3)

交通のご案内

放射線科部:マンモグラフィ

当院では、2つの検査室が稼動しています。そのうちの1部屋は健康管理センター内にあります。
マンモグラフィとは“乳房X線撮影”とも呼ばれる検査で、その名前の通り、エックス線を用いて乳房の撮影を行ないます。乳房は通常のエックス線撮影を行う部位と比べて、エックス線が通り抜ける差が出にくい部位なので、他のエックス線検査よりもエネルギーの低いエックス線を使用します。

検査について

マンモグラフィは専用の撮影装置を用いて検査を行います。乳房は大きく分けると、皮膚・脂肪・乳腺(母乳を作る場所)の3つで構成されています。乳がんは乳腺から発生するため、乳腺がよく見えるような写真を撮ります。そのままで撮影すると、乳腺が重なってしまったり、ぼけてしまったりして、乳腺が見えにくくなってしまいます。そのために、プラスチックのような透明な板(圧迫板)で圧迫して、乳房をできるだけ薄く広げて撮影を行います。
当院では、マンモグラフィ認定技師の資格を有する女性技師が検査を担当します。検査について、分からないことや不安なことがあれば、担当技師にお気軽にご質問ください。

使用機器

SENOGRAPH DMR(GE横河)・・・1台
FCR PROFECT CS(フジフィルムメディカル)・・・1台
Radiforce GX540-CL(EIZO)・・・2台