HOME部門紹介放射線科部:血管造影

部門紹介

部門紹介

利用のご案内

外来受付時間
午前8時30分から午前11時
まで
お問い合わせ
電話: 027-224-4585
FAX: 027-243-3380
休診日
土曜日・日曜日・祝祭日
創立記念日(3/23)
年末年始(12/29~1/3)

交通のご案内

放射線科部:血管造影

当院では、3つの検査室が稼動しています。
血管造影検査では、血管内にカテーテルと呼ばれる細い管を挿入し、造影剤を注入しながら血管の撮影を行います。血管を見やすくするために、造影剤を注入した画像から造影剤を注入する前の画像を引き算することで骨や臓器など血管以外の部分を消す方法もあります(DSA:Digital Subtraction Angiography)。最近では、診断だけでなく、目的とする血管の内部から治療を行う血管内治療(IVR:InterVentional Radiology)も積極的に行われています。

検査について

カテーテルの挿入は足のつけ根や肘から経皮的に行います。カテーテルの先を目的の部位・血管(主に頭部、頸部、心・大血管、腹部、四肢)まで進めていき、検査・治療を行います。
脳の血管にできたこぶ(脳動脈瘤)に金属製のコイルを詰めたり、血管が狭窄や閉塞した部分(脳梗塞や心筋梗塞の原因となる部分)にバルーン(風船)やステント(金属でできた網目状の筒)を使って血管を広げたりします。また、交通事故などで腹部や骨盤などに出血があるときには、出血している部分に止血用の薬などを流して出血を止める治療を行います。

使用機器

Artis zee FC(Siemens)・・・1台
Artis zee BA Twin(Siemens)・・・1台
INFX-8000C(東芝メディカルシステムズ)・・・1台
ACIST CVi(DVX)・・・2台
Mark V ProVis(日本メドラッド株式会社)・・・1台
PressDuo(根本杏林堂)・・・1台
syngo X-WP(Siemens)・・・2台
Zio Station2 PLUS(ザイオソフト株式会社)・・・1台

FPD搭載血管撮影装置(循環器用)
FPD搭載血管撮影装置
FPD搭載血管撮影装置