HOME外来のご案内病理診断科

外来のご案内

外来のご案内

利用のご案内

外来受付時間
午前8時30分から午前11時
まで
お問い合わせ
電話: 027-224-4585
FAX: 027-243-3380
休診日
土曜日・日曜日・祝祭日
創立記念日(3/23)
年末年始(12/29~1/3)

交通のご案内

病理診断科

1.日本病理学会研修認定施設、日本臨床細胞学会認定施設として、幅広い臨床病理学的診断、細胞診断を行っている。
2.群馬大学病理「病態病理学教室(旧第一病理)、群馬大学診断病理学教室(旧第二病理)、病院病理部」と密に連携し、診断精度の向上に努めている。希少例や診断が難しい症例は広く全国の専門病理医にコンサルテーションを行っている。
3.臨床医との密な情報交換を基礎に、細胞診、免疫染色などを積極的に活用し、総合的な診断病理を行っている。
4.CPCでは研修医CPCを積極的に行っている。
5.年間数十例に及ぶ臨床医、研修医の学会報告、研究会発表を支援している。
6.安全で信頼される病理検査を目標に、臨床サービスを心がけている

医師紹介

氏名職名卒年専門分野【専門医・認定医・指導医】
井出 宗則部長H7卒
腫瘍病理

死体解剖資格
日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本外科学会専門医
大腸肛門病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
臨床検査管理医
岩科 雅範副部長H12卒
人体病理

厚生労働省死体解剖資格
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本病理学会口腔病理専門医・研修指導医

現況

当院は地域の基幹病院、総合病院として、全科の医師がほぼ全ての専門領域をカバーし、重症、難治例の治療を行っています。
病理診断では病理組織8,035件、細胞診7,415件と症例数は年々増加し、悪性腫瘍を中心に診断内容は多岐に亘っています。日々進歩する医学、医療に対応するべく、病理診断科は診断の精度を高め、質を保障するため、細胞診・免疫染色を活用し、積極的なコンサルテーションを行っています。当院は学会発表、研修医教育など、研修教育に力をいれており、これらへの支援を惜しまないようにしています。
このように、病理・細胞診検査の需要は増加していますが、新臨床研修制度の開始以来、病理医は全国的に減少しており、群馬県も例外ではありません。群馬大学を含め県内の病院に勤務する病理医は徐々に減少し、個々の負担は過剰に増大していますが、幸い、当院は群馬大学病理各部門からの支援を得ており、良い協力体制を維持して、安全で質の高い診断を提供できるよう努めています。現在、常勤医は一人ですが、今後増員予定があり、病診連携施設からの検査を受託していく予定です。