HOMEお知らせ~もしも世の中からA・B・Oが消えたら~

お知らせ

お知らせ

お知らせ

利用のご案内

外来受付時間
午前8時30分から午前11時
まで
お問い合わせ
電話: 027-224-4585
FAX: 027-243-3380
休診日
土曜日・日曜日・祝祭日
創立記念日(3/23)
年末年始(12/29~1/3)

交通のご案内

~もしも世の中からA・B・Oが消えたら~

将来の献血への世界的な呼びかけ

日本赤十字社は、イギリス、アメリカをはじめとする約20カ国の血液事業団体と共同で、標題の献血啓発キャンペーンを2016年8月15日(月)から21日(日)にかけて実施します。

If A, B and O types of letters disappeared in Japan...


日本では in Japan
主にガンの治療などで輸血を必要とする年間およそ100万人(延べ)の患者さんや 1 million patients (total per year) who need blood transfusions mainly for the treatment of cancer
およそ5000人の血友病患者さんをはじめとする血漿分画製剤*を必要とする数多くの患者さんの and many patients who need plasma derivatives such as 5000 hemophilia patiensts
命と健康を守ることができなくなります。 we can not save their life or keep their health.
*血液の血漿成分を原料に作られる製剤 Products that contain concentrated fractions of plasma
日本では近年特に若い世代の献血が減っています。このまま少子高齢化が進むと、将来医療に必要な量の献血を確保できなくなる恐れがあります。 In Japan, young blood donors are falling recently. It is concerned that in this aging society we will not be able to secure enough blood for the treatment in the future.



キャンペーンのリンクはコチラ