医療者および医療従事者向け.jpg

 国内で年間70万人以上が気絶や脳貧血と呼ばれる失神しているといわれ、また反射性失神や心原性失神、起立性低血圧が代表的なタイプといわれており、当院でも失神センターを立ち上げたところです。この度当院で開設した失神センターとしての取り組みを院外医師に紹介するとともに、てんかん診療で高名な渋川医療センター 脳神経外科部長の髙橋 章夫(たかはし あきお)先生をお迎えして、第一三共株式会社並びにユーシービージャパン株式会社共催による第132回地域連携学術講演会を開催するはこびとなりました。

 ご多忙のこととは存じますが、折角の機会ですから、是非ご参加くださるようお願い申し上げます。医師や歯科医師、看護師事務等の医療スタッフの方の参加もお待ちしております。また本会は、日本医師会認定の生涯教育講座1.0単位を申請いたします。 《カリキュラムコード:32 意識障害、33 失神の1.0単位》

1.日 時: 2018年11月1日(木) 19時00分受付、19時30分開会

2.会 場: 前橋赤十字病院 1階 講堂

3. 内 容:

一般講演 座 長: 前橋赤十字病院 心臓血管内科部長            庭前 野菊      

            演題名:『当院の失神症例の現状と失神センターの取り組み』

            演 者:前橋赤十字病院 副院長兼失神センター長、 

心臓血管内科部長  丹下 正一

特別講演 座 長:前橋赤十字病院 院長補佐兼神経内科部長         針谷 康夫

            演題名:『てんかん診療と地域連携による包括的アプローチ』

            演 者:国立病院機構 渋川医療センター 脳神経外科部長 

ニューロモデュレーション部門 髙橋 章夫先生

4.その他: 夜間開催のため弁当等の軽食のご用意をしております

*ご出席につきましては、登録医の先生は専用申込書、登録医ではない先生は電話等により10月25日(木)

までにお申込みください。

●お問合せ・お申込み 027―265―3333(代) 地域医療連携課 須賀、高橋へお願いします。

この度、指定難病の間質性肺炎について、平成27年に間質性肺炎センターを開設して豊富な診断、治療経験をもとに高度な診療提供で知られている神奈川県立循環器呼吸器病センター副院長兼呼吸器内科部長の小倉 高志(おぐら たかし)先生、活発な呼吸リハビリテーションを行って成果のある同センター リハビリテーション科長の佐々木 琢磨(ささき たくま)先生をお迎えして、日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社主催による第131回地域連携学術講演会を開催するはこびとなりました。

 ご多忙のこととは存じますが、折角の機会ですから、是非ご参加くださるようお願い申し上げます。医師や歯科医師、看護師事務等の医療スタッフの方の参加もお待ちしております。また本会は、日本医師会認定の生涯教育講座1.5単位を申請いたします。《カリキュラムコード:9 医療情報、12 地域医療の1.5単位》

1.日 時: 2018年9月27日(木) 午後7時00分受付、7時30分開会

2.会 場: 前橋市朝倉町389-1  前橋赤十字病院 1階 講堂

3. 内 容: 一般講演  座 長:前橋赤十字病院 呼吸器内科副部長 堀江 健夫

         演題名:『呼吸器リハビリテーション』

         演 者:神奈川県立循環器呼吸器センター  リハビリテーション科長 佐々木 琢磨先生

      特別講演 座 長: 前橋赤十字病院 院長補佐兼呼吸器内科部長 滝瀬  淳      

      演 題:『間質性肺炎に対する運動・栄養療法、薬物療法、酸素療法』

      演 者:神奈川県立循環器呼吸器センター 副院長兼呼吸器内科部長  小倉 高志先生

4.その他: 夜間開催のため弁当等の軽食のご用意をしております

*ご出席につきましては、登録医の先生は専用申込書、登録医でないの先生は電話等により9月20日(木)

までにお申込みください

●お問合せ・お申込み 027―265―3333(代) 地域医療連携課 須賀、高橋へお願いします。

 去る4月19日(木)に大学病院で唯一の外傷センターを設置し、ER外来全ての外傷患者のファーストタッチを担うなか、根本治療そしてリハビリテーションまでを含めた一貫性ある診療と手術術実績で有名な、

帝京大学医学部附属病院の病院准教授である黒住 健人(くろずみ たけと)先生をお招きして、スミス・アンド・ネフュー株式会社主催による第126回地域連携学術講演会を開催しました。当日は院外17名(うち二次医療圏8名)、院内83名の併せて100名の参加をいただきました。

ご出席いただいた先生方におかれましては、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

3.png2.png1.png

この度、高齢者心不全の予後はフレイル、低栄養と併存症に規定され、体重減少や鉄欠乏性貧血、低アルブミン血症等と関係するなかで、いずれも動脈硬化と関係するといわれており、高齢者の心臓病や高血圧治療で本邦屈指の臨床成績を誇っている、東京都健康長寿医療センター副院長の原田 和昌(はらだ かずまさ)先生をお招きして、第一三共株式会社主催による第129回地域連携学術講演会を開催するはこびとなりました。

 ご多忙のこととは存じますが、折角の機会ですから、是非ご参加くださるようお願い申し上げます。医師や歯科医師、看護師事務等の医療スタッフの方の参加もお待ちしております。また本会は、日本医師会認定の生涯教育講座1.0単位を申請いたします  《カリキュラムコード:43 動悸、45 呼吸困難の1.0単位》

1.日 時: 2018年7月10日(火) 19時00分受付、19時30分開会

2.会 場: 前橋市朝倉町389-1  前橋赤十字病院 1階 講堂

3. 内 容: 特別講演 

座 長  前橋赤十字病院   副院長       丹下 正一

 演 題:『超高齢者AFにおける抗凝固療法~低体重とフレイルについて~』

 演 者:東京都健康長寿医療センター      副院長     原田 和昌先生

4.参加費: 無料

5.その他: 夜間開催のため弁当等の軽食のご用意をしております。

*本会は事前予約制のため、お手数ですが登録医の先生方は専用FAX申込書にて、登録医でない先生方

や医療者、医療従事者の方々はお電話にて、①医療機関名・福祉施設名等所属、②ご参加氏名、③職種等を、7月3日(火)までにご連絡をお願いします

●お問合せ・お申込み 【6月4日以降】電話:027―265―3333(代) 地域医療連携課 須賀、高橋

会場案内


kodo.png

医療者および医療従事者向け.jpg 

この度、当院では6月の新病院開院の際に、高い自由度でがん病巣に放射線を集中させて高精度照射を実現する群馬県で初の設置のサイバーナイフを導入します。放射線治療の新たな選択肢として期待されており、定位放射線治療で成果をあげている、さいたま赤十字病院 放射線治療科部長の塚本 信宏(つかもと のぶひろ)先生をお招きして、株式会社千代田テクノル主催による第127回地域連携学術講演会兼第22回地域がん診療連携拠点病院講演会を開催するはこびとなりました。

 ご多忙のこととは存じますが、折角の機会ですから、是非ご参加くださるようお願い申し上げます。医師や歯科医師、看護師事務等の医療スタッフの方の参加もお待ちしております。また本会は、日本医師会認定の生涯教育講座1.0単位を申請いたします 《カリキュラムコード:10 チーム医療、12 地域連携の1.0単位》

1.日 時: 2018年5月23日(水)19時00分受付、19時30分開会

2.会 場: 前橋赤十字病院 博愛館(駐車場は正面駐車場をご利用ください)

3. 内 容:  特別講演 

座 長:     前橋赤十字病院  放射線治療科部長    清原 浩樹

      演 題:『サイバーナイフが切り拓く新しいがん治療』

      演 者:さいたま赤十字病院  放射線治療科

部長    塚本 信宏先生

4.その他: 夜間開催のため弁当等の軽食のご用意をしております

*ご出席につきましては、お電話または申込書にて、5月16日(水)までにお申込みください。

◎お問合せは、027-224-4585 地域医療連携課 須賀(内線7344)、高橋(内線7376)へお願いします。

_DSC1607.jpg

 この度、大学病院で唯一の外傷センターを設置し、ER外来全ての外傷患者のファーストタッチを担うなか、根本治療そしてリハビリテーションまでを含めた一貫性ある診療と年間800〜1000件の手術実績のあることで有名な、帝京大学医学部附属病院の病院准教授である黒住 健人(くろずみ けんと)先生をお招きして、スミス・アンド・ネフュー株式会社主催による第126回地域連携学術講演会を開催するはこびとなりました。

 ご多忙のこととは存じますが、折角の機会ですから、是非ご参加くださるようお願い申し上げます。医師や歯科医師、看護師事務等の医療スタッフの方の参加もお持ちしております。また本会は、日本医師会認定の生涯教育講座1.0単位を申請いたします。

<カリキュラムコード:12 地域連携、57 外傷の1.0単位>

  1. 日時: 2018年4月19日(木) 19時00分受付、19時30分開会
  2. 会場:前橋赤十字病院 博愛館(駐車場は正面駐車場をご利用ください)
  3. 内容:特別公演 
  • 座長 前橋赤十字病院 整形外科部長兼外傷センター長  浅見 和義
  • 演題:『実現可能な外傷診療体制』
  • 演者:帝京大学医学部附属病院 救急科・外傷センター  病院准教授 黒住 健人 先生

  4.その他:夜間開催のため弁当等の軽食をご用意しております。

※ご出席につきましては、お電話または申込書にて4月12日(木)までにお申込みください。

◎お問い合わせは、027-224-4585 地域医療連携課 須賀(内線7344)、高橋(内線7376)へお願いします。