病理診断科

Pathology diagnosis

  1. 日本病理学会研修認定施設、日本臨床細胞学会認定施設として幅広い臨床病理学的診断、細胞診断を行っています。
  2. 群馬大学病理「病態病理学教室(旧第一病理)、群馬大学診断病理学教室(旧第二病理)、病院病理部」と密に連携し、診断精度の向上に努めています。希少例や診断が難しい症例は広く全国の専門病理医にコンサルテーションを行っています。
  3. 臨床医との密な情報交換を基礎に、細胞診、免疫染色などを積極的に活用し、総合的な診断病理を行っています。
  4. CPCでは症例検討のみでなく、法医解剖例のCPCなど、教育的要素を追加しています。また、研修医CPCを積極的に行っています。
  5. 年間数十例に及ぶ臨床医、研修医の学会報告、研究会発表を支援しています。
  6. 病診連携施設からの病理・細胞診委託検査を受けております。
  7. 安全で信頼される病理検査を目標に、臨床サービスを心がけています。

現況

 現在、病理専門医2名が常勤で病理診断、病理解剖を担当しています。
 病理組織7,366件、細胞診7136件であり、悪性腫瘍を中心に診断内容は多岐に亘っています。日々進歩する医学、医療に対応するべく、病理診断科は診断の精度を高め、質を保障するため、細胞診・免疫染色を活用し、積極的なコンサルテーションを行っています。一方、病理・細胞診断は最終診断であり、検体の取り違えや誤診断が起きないよう、リスク管理を行っています。当院は学会発表、研修医教育など、研修教育に力をいれており、これらへの支援を惜しまないようにしています

スタッフ紹介

名前 卒年 職名 専門分野 資格
井出 宗則 1995年 部長 腫瘍病理
厚生労働省死体解剖資格
日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本外科学会専門医
大腸肛門病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
臨床研修指導医
古谷 未央 2007年 医師
厚生労働省死体解剖資格
日本病理学会病理専門医
医学博士

© 前橋赤十字病院 病院紹介 個人情報保護法 採用情報