<div class="banner mb-10"><a href="pdf/kanzen.pdf"><img

                  src="images/kanzen.png" class="img-thumbnail" alt="Banner"></a></div>

Japanese Red Cross Society

Japanese Red Cross

Maebashi

Hospital

前橋赤十字病院

2024.05.23
お知らせ
手術支援ロボット「ダビンチ」治療が400例に達しました。
2024.05.21
お 知らせ
群 馬県ドクターヘリ運航15周年記念イベントの開催について
2024.05.21
採 用情報
2025 年度採用 臨床検査技師 募集案内
2024.05.20
採 用情報
臨 時嘱託事務職員(産休・育休代替え)採用募集案内
2024.05.20
お しらせ
2025 年度(令和7年度)人間ドック予約開始について
2024.05.09
医 療者向け
2024 年度 NST専門療法士認定教育施設 実地修練研修のお知らせ
2024.05.07
採 用情報
臨 時嘱託診療放射線技師(産休・育休代替) 募集案内
2024.05.07
採 用情報
パー ト診療放射線技師 募集案内
2024.05.07
採 用情報
パー ト看護師(検査部付) 募集案内
2024.04.26
採 用情報
2025 年度採用 管理栄養士募集案内
2024.04.01
お 知らせ
2024 年度 外 来担当表更新しました。
2024.3.27
ご 案内
2024 年度 がん患者さんとご家族の集い開催について
2024.3.25
ご 案内
2024 年度 ファミリークラス開催について
2024.3.21
採 用情報
2025 年度 看護職員採用試験募集案内
2024.3.21
採 用情報
日 本赤十字社群馬県支部・施設 「新規職員採用試験(事務系総合職)」募集要項
2024.3.14
ご 案内
マ イナ保険証のご利用について
2024.3.13
重   要
診 療記録開示にかかる料金改定について
2024.3.11
採 用案内
【2025 年度採用】薬剤師募集案内
2024.3.5
採 用案内
(臨 時)嘱託社会福祉士募集案内
2024.2.21
一 般向け
第 132回健康教室のお知らせ
2024.1.24
医 療者向け
地 域医療連携講演会のお知らせ
2024.1.19
就 職説明会
【2024 年度】看護職員就職説明会のご案内
2024.01.18
採 用情報
臨 時嘱託薬剤師(産休・育休代替) 募集案内
2024.01.18
採 用情報
パー ト薬剤師 募集案内
2024.01.04
採 用情報
【急 募!!】嘱託事務職員(病棟クラーク)採用募集案内
2023.12.28
お 知らせ
手 術支援ロボット「ダビンチ」治療が300例に達しました。
2023.12.13
採 用情報
【2024 年度採用】臨時嘱託臨床検査技師(産休・育休代替) 募集案内
2023.12.12
お 知らせ
第 131回 健康教室開催のお知らせ
2023.11.28
医 療者向け
第 176回 地域医療連携講演会のお知らせ
2023.11.17
採 用情報
【2024 年度採用】管理栄養士募集案内
2023.11.17
入 札情報
入 札公告(救急災害事業課)
2023.11.17
入 札情報
入 札公告(用度施設課)
2023.11.16
学 生向け
【看 護部】冬期インターシップ募集案内
2023.11.07
医 療者向け
第 175回地域連携学術講演会のお知らせ
2023.10.27
お 知らせ
第 3回患者体験調査について
2023.10.25
採 用情報
パー ト看護助手(夜間アシスタント)募集案内
Feature

当院へ受診される
患者さんへ

詳 しくはこちら

Feature

夜間や休日に急病になった方へ

詳 しくはこちら

外来受付時間 月曜〜金曜
午前8:30〜午前11:00
診療時間 月曜〜金曜
午前9:00~17:15
休日 土・日・祝祭日
創立記念日(3/23)
年末年始(12/29~1/3)
面会について 注 意事項

交通案内

  • JR前橋駅より
    • 日本中央バス 南31・南33−2系統 広瀬・東善線
    • 群馬バス 南40系統 日赤病院線
  • JR前橋大島駅より
    • 群馬中央バス 日赤病院線
  • お車での来院
    • 北関東自動車道「前橋南IC」より県道11号経由にて9分
    • 関越自動車道「高崎IC」より県道27号線経由で9分

前橋赤十字病院の役割

100年以上の歴史を持つ当院は、これまで災害医療、救急医療、急性期医療を担ってきました。今後もより一層地域の高度急性期医療、さら に、多様化する医療ニーズに対応する役割を担っていきます。