薬剤部
調剤・服薬指導・製剤・無菌調整・医薬品情報・治験管理等の業務を行っています。

調剤

オーダリングシステムにより、医師の処方と同時に薬剤部に処方箋と薬袋が印字発行されます。処方箋はまず医薬品の用量と用法、併用禁忌薬などのチェックが行なわれます。散薬に関しては自動監査システムにより、秤量する薬剤の種類と重さが自動チェックされます。入院患者さんの場合は原則一包調剤(1回に飲む薬が1パックになっている)を行っています。最終的に監査者が再度、錠剤や散剤の種類と量を確認して調剤が終了します。外来や退院の患者さんにはお薬の説明書(医薬品情報提供書)も添付しています。

注射製剤

オーダリングシステムにより注射処方箋と患者ラベル、処方ごとの薬品ラベルが発行されます。まず処方監査が行われ、薬用量や薬剤の配合変化、投与ルート、投与速度などが適正であるかチェックが行われます。調剤者はアンプルピッカーにより自動的にトレー内に取りそろえられたアンプル・バイアル類と手動で取りそろえた輸液類を合わせて患者ごとにケース内にセットします。これを監査者が確認して病棟に支給となります。

製剤

市販されていない薬剤の製剤や消毒薬の希釈調整などを行なっています。また必要により点眼薬、吸入薬、注射薬などの特殊製剤を無菌的に調整しています。

ミキシング

高カロリー輸液(TPN)や抗がん剤を薬剤師が無菌的な環境で混注しています。近年、がん化学療法における抗がん剤投与が増加しており、外来化学療法室の利用率も高まっています。がん診療拠点病院として、薬剤師が患者毎の投与量および投与計画、配合変化、支持療法の確認と無菌的混合に係わることで安全で有効な治療に寄与しています。

医薬品管理

病院で使用する薬剤は約1,400種類もあり、その在庫量や金額は膨大なものとなります。これらの医薬品の品質と経済的な運用管理は薬剤部の重要な役割となっています。毎日の購入、在庫管理はもとより、病棟や外来、手術室やICUなど院内のあらゆる部門に配置された薬剤を薬剤師が定期的に点検しています。また麻薬や向精神薬といった法律的にも厳しい規制を持った薬剤は専用の金庫で保管し、担当者が毎日詳細な出納記録をつけています。

薬剤管理指導業務

入院患者さんを対象に、お薬の作用や使用方法の説明、副作用のチェックなどを目的に薬剤師が直接ベッドサイドにお伺いしています。病棟ごとに担当薬剤師を決め、医師や看護師と連携をとりながら患者さんの薬学的管理を行なうことで、安全で有効な薬物治療に貢献しています。

病棟薬剤業務

平成25年7月より開始した病棟薬剤管理指導業務は全12病棟に薬剤師が常駐し、全入院患者の持参薬を含めた投薬状況の把握とハイリスク薬を中心とした患者への事前の説明などを行います。同時に医師や看護師への情報提供を通してより安全有効に薬が使われるよう、病棟ごとの薬の番人として活躍が期待されています。

医薬品情報業務(DI業務)

医薬品を適正に使用するためには情報が必要です。すべての医薬品に関する情報を収集・管理・評価し、医師、看護師などの医療スタッフに提供しています。また、院内で発生した副作用について情報を収集し、必要に応じ院内はもとより厚生労働省に報告しています。また、新規に採用となった医薬品について、オーダリングシステム上の医薬品マスターへの登録やメンテナンス管理も重要な業務となっています。

治験

治験は開発中のお薬を患者さんに使用していただき、その有効性及び安全性を確認し、厚生労働省から医薬品としての承認を得るために行う臨床試験のことです。新しいお薬を世の中に出すためにはどうしても必要な大切な過程となります。薬剤部に治験事務局をおき、治験薬の管理・調剤や治験の実施に必要な事務手続きを行っています。

治験について

TDM

血液中の薬物濃度の変動が有効性と安全性に大きく関わる薬剤は、血中濃度の測定が必要です。MRSA(ある種の抗生物質が効きにくい病原菌)に使用する注射薬については、その薬剤の血中濃度から初期投与量の設定と適切な投与量・用法を解析し、医師に対し薬物療法の支援を行なっています。

持参薬チェック

予定入院となるすべての患者さんは、薬剤部の持参薬確認コーナーに寄っていただき、薬剤師がお薬を確認しています。薬によるアレルギー歴も含めて、入院後の安全な薬物治療のための情報として電子カルテに記録を残しています。

チーム医療

チーム医療は現在の医療を象徴するキーワードともなりました。医師の指示により看護師ほかのスタッフが動く形態から、各専門職種が医師の治療方針を理解したうえで意見を出し、治療に反映させていく形態に変化しつつあります。また当院では診療科の垣根を越え、病棟横断的に活躍するチーム医療も活発に行なわれています。感染管理チーム(院内感染予防や感染症治療をサポートします)、栄養支援チーム(栄養不良の患者さんの栄養療法を担当します)、褥瘡管理チーム(褥瘡の予防と治療を行ないます)、緩和支援チーム(がん患者さんの除痛や精神的ケアを担当します)など、いずれも薬剤師がメンバーとして活動しています。

抗がん剤連携シート

近年、がん薬物療法と支持療法の進歩により、外来で治療可能な化学療法レジメンが増加しており外来で治療が行われるようになってきました。
がん薬物療法は、注射剤のみの治療だけでなく経口抗がん剤と注射剤との併用治療、経口抗がん剤単独と多様な方法で行われています。 患者様が安心して、がん薬物療法の治療を行うためには患者様の理解と副作用対策支援が重要となります。その一つとして病院と保険調剤薬局の連携が必須となります。ぐんま中毛がん連携研究会では、連携のための話し合いを行っており患者様の支援ツールの一つとして内服抗がん剤の連携シートの作成を行いました。
連携シートは、初回にアンケートから病名や治療法の確認を行い、2回目以降は特に注意すべき副作用にしぼってモニタリングが可能となるように、患者様から情報収集を行えるように工夫しました。
当院の内服抗がん剤の処方を応需された保険調剤薬局の先生方にご利用いただければ幸いです。

問合せ先
前橋赤十字病院 薬剤部 須藤弥生
TEL:024-265-3333(代表)
FAX:027-225-5258(薬剤部直通)

抗がん剤治療

薬剤名 アンケート
ゼロ―ダ

用量チェックシート

チェックシート使用手順書

初回用 患者さんへ
薬剤師用
2回目以降 患者さんへ
薬剤師用
エスワン 用量チェックシート 初回用 患者さんへ
2回目以降 患者さんへ
薬剤師用
タルセバ・イレッサ・ジオトリフ EGFR阻害薬皮膚障害確認票 初回用  患者さんへ
 薬剤師用
2回目以降  患者さんへ
 薬剤師用

がん性疼痛

オピオイドアンケート 痛みの評価アルゴリズム 初回  患者さんへ
 薬剤師用
2回目以降 患者さんへ

支持療法

準備中

薬剤師の仕事

薬剤師の仕事

患者支援センター

当院では患者さんが入院前から安全で適正な薬物治療を受けることができるよう支援しています。

View project
薬剤師の仕事

妊娠と薬外来

前橋赤十字病院では2011年4月に群馬県の拠点病院として「妊娠と薬外来」を開設しました。

View project