リハビリテーション科
Department of Rehabilitation Medicine

特色

当院は急性期病院であり、様々な疾患に対して入院早期からのリハビリテーションを行っています。 リハビリテーション専門医の指示のもと、脳血管疾患、整形外科疾患、呼吸器疾患、循環器疾患、がん疾患、消化器疾患、熱傷、小児疾患など、当院のほぼすべての診療科の幅広い疾患に対してリハビリテーションを実施しています。入院後、各担当科医師、リハビリテーション科医師の判断により集中治療室(ICU)や救急救命センターなどの超急性期からでもリハビリテーションを提供しています。
また地域の中核病院として積極的に地域連携を行い、脳卒中や大腿骨頸部骨折は地域連携クリニカルパスなど用いて急性期治療終了後にもリハビリテーションを継続的に行えるよう支援しています。
入院に対しては土曜、日曜日も、急性期リハビリテーションが提供できる体制にしており、早期の機能回復、日常生活動作の自立に努めています。さらに病棟にもリハビリテーション室を設け、病棟に出向いて急性期リハビリテーションを行っています。 また院内の活動として、呼吸ケア支援チーム、栄養支援チーム、緩和ケア支援チーム、褥瘡対策チーム、チーム糖尿病110番などにも参加しチーム医療を行っています。

理学療法

関節の動きを改善したり、力をつけたりするだけではなく、体の動かし方や歩き方の指導や練習、呼吸の仕方、生活環境の提案など一人一人の状況に合わせたリハビリテーションを早期から提供しています。 呼吸器疾患、循環器疾患の方に対してのリハビリテーションは、それぞれ3学会合同呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士の資格を有する理学療法士複数名おり、急性期からリハビリテーションを行っています。

作業療法

作業療法では直接的な身体機能訓練だけでなく、日常生活(トイレ動作、更衣動作、食事動作など)に基づいた生活動作訓練から、家事動作など個別の役割を考えた応用動作訓練を行っています。また、外来では整形外科疾患の方に対して、機能訓練から生活指導、装具(スプリント)の作製を行っています。他に、高次脳機能障害といわれる認知障害に対しても、症状の評価や在宅生活を見据えた個々の症状に合わせた生活指導を行っています。

言語療法

言語聴覚療法での主な対象は、脳卒中急性期のコミュニケーション障害・嚥下障害、また最近では様々な診療科からの嚥下リハビリテーションの依頼が増えています。外来では口唇口蓋裂のお子さんを中心に発音の評価や訓練を行っています。 コミュニケーションの専門職である言語聴覚士として、医師・看護師・歯科衛生士・栄養士など他職種との連携を大切にしながら、患者さんの訴えに丁寧に耳を傾けることを心がけています。

スタッフ紹介

名前 卒年 職名 専門分野 資格
大竹 弘哲 1995年 部長 リハビリテーション一般
日本内科学会認定内科医
日本神経学会専門医・指導医
日本リハビリテーション医学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医・指導医
臨床研修指導医
土肥 清志 2016年 専攻医 リハビリテーション一般

診察スケジュール

 
午前 大竹 弘哲
土肥 清志
大竹 弘哲
土肥 清志
大竹 弘哲
土肥 清志
大竹 弘哲
土肥 清志
大竹 弘哲
土肥 清志
午後 大竹 弘哲
土肥 清志
大竹 弘哲
土肥 清志
  大竹 弘哲
土肥 清志
大竹 弘哲
土肥 清志

© 前橋赤十字病院 病院紹介 個人情報保護法 採用情報