令和3年度 前橋赤十字 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1214 357 411 457 839 1155 1826 3248 2080 484
令和3年度中に退院した患者さんの年齢(入院時点)を10歳刻みで集計しました。
当院は高度救命救急センターや地域がん診療連携拠点病院や地域周産期母子医療センター等の機能を有する地域医療支援病院で、県内全域から幅広い年齢層の入院患者を受け入れています。
全合計数が12,071名でした。前年の11,322名と比較すると749名(+6.0%)増加しました。
消化器内科が最も多く12.8%を占めています。そのつぎに外科(10.1%)、心臓血管内科(8.6%)となっています。
70歳以上の方が5,812名で、全体の占める割合が48.1% (前年比-0.4%)でした。
19歳以下の退院患者さんは1,571名で、占める割合が全体の13.0%(前年比+1.6%)でした。
入院後24時間以内に亡くなられたかたや労働災害や出産並びに交通事故等の自由診療を使用している方はこの集計から除外しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 【胆管結石、胆管狭窄症、胆管炎等】内視鏡的ステント留置術や乳頭切開術や胆道結石除去術 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 235 6.59 9.21 3.83 73.53 ERCPおよび関連治療
060050xx97x0xx 【肝細胞がん】/血管塞栓あるいは経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 107 6.26 10.48 1.87 76.09 肝細胞癌血管塞栓術(午前)
060100xx01xxxx 【大腸ポリープ、大腸腺腫】/ポリープ切除術あるいは内視鏡による止血術         65 2.08 2.65 0.00 71.55
060050xx031xxx 【肝細胞がん】/血管塞栓術+ラジオ波焼灼療法(併用療法) 53 11.08 14.38 0.00 75.19 肝細胞癌血管塞栓術(午前)
ラジオ波焼灼術 追加治療(午後)
060020xx04xxxx 【早期胃がん】/内視鏡による粘膜切除術 51 8.00 7.96 0.00 73.90 食道・胃ESD前日入院(リントンあり)
「高齢の胆道結石症例の増加に伴い準緊急的な内視鏡的処置を多数こなしています。肝臓癌については、カテーテルによる塞栓術、ラジオ波焼灼療法に加えて、放射線治療科と連携しながらサーバーナイフ治療を行っており、治療用マーカー留置を当科で行っています。内視鏡による胃癌の粘膜切除術(ESD)、大腸ポリープの切除術や止血術も積極的に行っています。」
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 【15歳以上のヘルニア】/腹腔鏡下あるいは開腹による手術 95 4.52 4.74 2.11 69.90 手術当日入院腹腔鏡下ヘルニア手術
060035xx010x0x 【結腸癌】/腹腔鏡下あるいは開腹による切除術 64 14.22 15.76 3.13 72.42 腹腔鏡下結腸切除術
060335xx02000x 【胆石性胆のう炎、胆のうポリープ等】/腹腔鏡下による摘出術 49 6.35 7.11 2.04 62.45 腹腔鏡下胆嚢摘出術
060330xx02xxxx 【胆嚢結石出術】/腹腔鏡下による摘出術 41 5.20 6.25 0.00 62.71 腹腔鏡下胆嚢摘出術
060150xx03xxxx 【急性虫垂炎】/腹腔鏡下による切除術 38 4.21 5.40 0.00 35.29 腹腔鏡下虫垂切除術(緊急手術)
当院外科の集計条件に基づく年間退院患者数は約1200名です。鼡径ヘルニア手術はそのほとんどを腹腔鏡手術で行い、平均在院日数は4.52日と比較的短期間で、治療が行われています。
結腸手術は病巣が大きいものや腸閉塞を起こしている症例などを除いた半数以上の症例で腹腔鏡下手術が行われています。平均在院日数は14.22日と全国平均と比較して術後早期に退院できています。
急性胆嚢炎や胆嚢ポリープ、胆石発作に対してはほぼ全例が腹腔鏡下手術で行われています。消化器病センターとして、消化器内科の先生と連携して、患者さんの病態と全身状態、ご希望を配慮して手術あるいは保存的な治療を行っています。虫垂炎に対してはほぼ全例が腹腔鏡下手術で行われています。平均在院日数は4.21日で全国平均と比較して術後早期に退院できています。穿孔して膿瘍を形成しているような症例に対しては抗菌薬で保存的治療を行い、一度退院してから後日腹腔鏡で手術を行う症例もあり、このような症例も腹腔鏡を用いて行うことができます。腹腔鏡手術は術後の創部痛が軽く、美容的にも優れていることから安全性と根治性を担保して積極的に行われています。
心臓血管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx9910xx 【不安定狭心症、 陳旧性心筋梗塞等】/心臓までカテーテルを挿入したら造影剤を注入し、レントゲンで写して狭窄部等を確認する 165 3.45 3.06 0.61 69.74
050130xx9900xx 【慢性うっ血性心不全、慢性心不全急性増悪等】/保存加療 94 23.14 17.35 6.38 78.88
050050xx0200xx 【狭心症、陳旧性心筋梗塞、慢性虚血性心疾患等】/風船や金属製の筒を用いた心臓カテーテル治療を行うこと 72 4.38 4.36 1.39 70.92
050210xx97000x 【完全房室ブロック、 洞不全症候群等】/心臓の脈が遅くなるのを防ぐためペースメーカーを埋め込む 60 11.07 10.24 5.00 79.07
050030xx97000x 【急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞等】/ 風船や金属製の筒を用いた心臓カテーテル治療を行うこと 41 14.00 11.87 2.44 74.34
心臓血管内科で最も多い入院症例は、虚血性心疾患に対する心臓カテーテル検査です。手首や腕、足の付け根の血管からカテーテルという細長い管を心臓まで通し、造影剤を注入して冠動脈(心臓自体を栄養している血管)を撮影する検査です。安全第一で行っており、全国平均より短い在院日数で実施できています。
次に多いのは、心不全に対する内科的治療です。心臓は全身に血液を送り出すポンプの役割を担っていますが、これがうまくいかなくなった状態が心不全です。心不全患者さんの平均年齢は年々上昇し、入退院を繰り返す方も増えています。当院では医師、看護師だけでなく薬剤師、管理栄養士、理学療法士、ソーシャルワーカーなど多職種で構成された心不全チームが患者さんのサポートを行っています。また、末期心不全の緩和ケアも行っております。
3番目に多いのは、慢性虚血性心疾患に対する心臓カテーテル治療です。冠動脈に狭窄や閉塞を来す狭心症に行う治療であり冠動脈の狭窄部や閉塞部に対してバルーン(風船)やステント(網目状の金属の筒)を用いて広げる治療です。転院率は極めて低く、大多数の患者さんが元気になり退院されています。
4番目に多いのは、ペースメーカーの植え込み術です。脈が遅くなる不整脈に対して、脈を補う目的で行う手術です。医師だけでなくデバイスを専門とする看護師や臨床工学技士など、チームで患者さんの診療を行っています。
5番目に多いのは、急性心筋梗塞に対する心臓カテーテル治療です。当院では心筋梗塞の中でも最重症の患者さんが集まってくるため、救命のために日夜治療を行っています。  
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 【急性気管支炎】 151 5.38 5.83 1.32 1.15
140010x199x0xx 【新生児黄疸、新生児嘔吐、新生児呼吸障害等】 127 6.95 6.13 1.57 0.00
060380xxxxx00x 【急性胃腸炎】 65 4.35 5.53 3.08 4.72
040070xxxxx0xx 【RSウイルス肺炎】 43 5.16 5.95 0.00 1.74
030270xxxxxxxx 【急性上気道炎、急性咽頭炎】 43 4.56 4.78 0.00 1.21
入院患者は集計すると感染症に関係した入院が最も多いのですが、COVID-19の流行に伴いその他の感染症の流行状況も変化しています。最も多かったのは急性肺炎・急性気管支炎などの下気道感染症で、年齢は1歳が最頻となっています。新病院になり分娩数が増えるとともに、新生児の入院が増えました。小児の緊急入院に柔軟に対応ができるよう日頃から準備をしています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 【肺がん】/針生検(針で病変部を採取し調べる)や気管支鏡検査(を用いて見える部分を観察する) 137 2.19 3.30 0.00 72.40
030250xx991xxx 【睡眠時無呼吸症候群】/睡眠ポリグラフ検査 111 2.00 2.03 0.00 57.41
040110xxxxx0xx 【間質性肺炎、特発性器質化肺炎】/保存加療 93 20.58 18.42 8.60 73.67
040040xx99040x 【肺がん】/化学療法 80 5.08 9.07 0.00 70.04
040040xx9900xx 【肺がん】/保存加療。但し生検を行う場合あり 51 14.94 13.12 11.76 71.47
1. 肺がんが疑われた際に、診断を確定するために気管支鏡検査またはCT装置を用いて病変部位の採取(生検)を行います。検査の結果は退院後の外来でご説明いたします。クリニカルパスを使用した計画的な診療を実践しています。
2. 睡眠ポリグラフ検査を実施しております。かかりつけ医療機関をはじめ、耳鼻咽喉科、小児科、歯科口腔外科等の診療科と連携し、小児から成人まで睡眠時無呼吸症候群の診断を行うとともに検査結果に基づき適切な治療方針を提案いたします。CPAPや口腔内装具の治療についてはかかりつけ医療機関に導入を依頼しております。クリニカルパスを使用した計画的な診療を実践しています。
3. 間質性肺炎は、増加傾向にある難治性の肺疾患の一つです。様々な病型があり、治療も異なっているため、気管支鏡による肺の組織や細胞の採取(経気管支生検/肺胞洗浄)を行います。また新規治療薬の導入に際して、ご本人にあわせた内服調整を行っております。経過中に病気が悪化した際(急性増悪)もステロイド剤や免疫抑制剤による治療やリハビリテーションを実施しております。
4. 切除不能の肺がんに対して,組織型や遺伝子変異,全身状態を考慮して細胞障害性薬剤や分子標的治療薬,あるいは免疫チェックポイント阻害薬等の導入を行います。治療に伴う副反応への対処法についても身につけていただけるよう支援いたします。クリニカルパスを使用した計画的な診療を実践しています。
5. 肺がんの病状悪化や治療に伴う合併症の対応を行います。療養を妨げる痛みなどの症状についても複数の医師や看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカー、療法士などの医療スタッフが一丸となって、症状の緩和を図り、患者さん・ご家族の望まれる暮らしを続けることができるよう支援いたします。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx97xx0x 【尿管結石性閉塞を伴う水腎症、尿管結石等】/新しい尿管ステントに替える留置術 92 4.47 7.16 13.04 80.16
110080xx991xxx 【前立腺癌】/針生検 81 2.30 2.50 0.00 71.40
110070xx03x20x 【膀胱癌】/経尿道的手術および化学療法を行う 72 4.92 6.86 0.00 73.79 TUR-BT+5日入院
11012xxx020x0x 【尿管結石症、腎結石等】/経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 但し尿管ステント留置を併せて行う場合あり 46 4.72 5.56 0.00 63.30 経尿道的尿路結石破砕術(TULレーザー)
110420xx02xx0x 【尿管狭窄を伴う水腎症、水腎症を伴わない尿管狭窄等】/尿管ステント留置術 43 3.28 3.99 2.33 72.14
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 【大腿骨骨折】/骨折観血的手術や人工骨頭挿入術 106 29.92 25.32 66.98 77.27
160760xx97xx0x 【橈骨骨折、尺骨骨折等】/骨折観血的手術 43 3.60 4.99 2.33 52.98
160740xx01xx0x 【上腕骨顆上骨折、肘関節内骨折、肘頭骨折等】/骨折観血的手術 38 2.97 5.74 2.63 15.97
070341xx020xxx 【頚椎症性脊髄症】/脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術 38 15.32 19.76 23.68 72.47
070343xx01x0xx 【脊柱管狭窄症】/脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術 21 16.67 20.31 4.76 69.67
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 【外傷性くも膜下血腫, 慢性硬膜下血腫】/硬膜下血腫穿孔洗浄術,ドレナージ術 48 11.27 9.78 22.92 75.25
160100xx99x00x 【外傷性くも膜下出血、脳挫傷、急性硬膜下血種】/保存加療 44 16.25 8.30 25.00 75.73
010040x099000x 【小脳出血、視床出血、被殼出血、皮質下出血(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)】/保存加療 39 22.95 18.90 71.79 68.97
010060x2990401 【脳卒中/発症3日以内/JCS10未満】/脳保護療法  水頭症やてんかんや不整脈等の副傷病ある場合 重症度:低度 24 13.54 15.63 29.17 74.08
010040x199x0xx 【小脳出血、視床出血、被殼出血、皮質下出血(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上)】/保存加療 20 31.60 22.42 65.00 73.90
当院は、救命救急センターのある救急病院であり、脳神経外科は、多くの救急患者(頭部外傷や脳血管障害)の診療を行っております。脳神経外科病棟のとなりには、リハビリテーション病棟があるため、多くの疾患で早期よりリハビリを開始し、身体機能の維持と回復をめざします。脳血管障害(脳梗塞、脳内出血)については、再発する事がないよう、生活指導、食事指導、薬物治療も重視しております。
数年来、脳に疾患を持つ方々の自動車運転について注目されており、運転適性の評価も行い、指導を行っております。

①最も多い疾患は、手術で治る認知症といわれる慢性硬膜下血腫です。多くの場合、来院当日に手術治療を行い、1週間以内に半数の方が自宅に歩いて退院します。
②2番目は、頭部外傷による症例です。早期よりリハビリテーションを行い、退院を目指します。
③3番目は、軽症の脳内出血で、血圧の管理を行いつつ、早期よりリハビリを行い、自宅退院を目指します。
④4番目は、軽症脳梗塞で、点滴治療を行いつつ、早期よりリハビリを開始し、自宅退院を目指します。
⑤5番目は、意識障害を伴う、比較的重症の脳内出血です。拡大する場合は、外科的手術となりますが、なるべく手術を行わず、早期よりリハビリテーションを行い、退院を目指します。
美容・形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140140xxxxxxxx 【口唇口蓋裂等】/形成術等 49 6.80 8.84 0.00 6.55
160200xx0200xx 【鼻骨骨折、頬骨骨折、眼窩底骨折】/整復固定術等 48 3.79 5.16 0.00 30.48 鼻骨骨折
080007xx010xxx 【臀部、背部、肩等の皮膚良性腫瘍】/摘出術 39 4.31 4.01 0.00 38.33
080180xx99xxxx 【母斑、蒙古斑】/レーザー照射 34 2.97 4.17 0.00 4.09 レーザー手術
070010xx970xxx 【後頭部、背部、肩等の皮下腫瘍】/摘出術 27 3.04 4.66 0.00 33.63
形成外科とは、基本的に外観に関わる疾患を対象とします。そのため頭蓋骨、手足、耳介、眼瞼等の先天異常、がんによる身体の組織の欠損など、さまざまな部位を対象としています。
2021年度は先天異常に関する口唇口蓋裂について手術を行う症例が最多でした。当科では以前より群馬県での口唇口蓋裂に対して他科や地域の矯正歯科と連携し、成長に応じた治療を行っております
当院は急性期医療を担っていることから、交通外傷やスポーツ外傷等を原因とする緊急性の高い、鼻骨骨折、頬骨骨折、眼窩底骨折等を含む顔面外傷に対する手術を行っています。 治療は全身麻酔下でプレート等で固定する方法が一般的です。負傷程度や部位によってに脳神経外科や眼科など他科と連携して治療を行う場合があります。
次に各部位の皮下および表皮に発生した腫瘍や母斑です。 上記表に現れませんが、 加齢性による眼瞼下垂も症例数が増加傾向にあります。視るという機能のみならず、顔貌にも大きく関わるため、症例に応じた治療法のご提案をおこなっております。平均年齢が高いことから加齢性によるものと思われます。
局所麻酔下で眼瞼皮膚を切除する方法が一般的です。 全身熱傷患者は救急部と連携して治療を行っており、広範囲熱傷については、培養表皮を用いた治療も行っております。また悪性腫瘍の再建術のひとつに乳房再建術も積極的に行っております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 【子宮筋腫】/腹腔鏡下あるいは子宮鏡下による手術など 但し子宮附属器摘出術も併せて行う場合あり 110 6.45 6.04 0.00 42.22
120070xx02xxxx 【卵巣のう腫】/腹腔鏡下による手術など 但し子宮附属器癒着剥離術も併せて行う場合もあり 94 6.30 6.11 0.00 39.65 腹腔鏡手術(卵巣腫瘍核出)
120010xx99x70x 【卵巣癌】/化学療法(アバスチン) 21 2.76 4.08 0.00 62.10
120060xx01xxxx 【子宮筋腫】/手術 但し子宮附属器摘出術も併せて行う場合あり 17 8.29 9.46 0.00 47.24 腹式子宮全摘術
120010xx01x0xx 【卵巣癌】/手術  17 13.24 12.38 0.00 63.18 腹式子宮全摘術
良性疾患については、腹腔鏡手術で低侵襲な手術を行っています。子宮筋腫については大きさ等で開腹手術か腹腔鏡手術か相談して選択しています。同じ卵巣の腫大についても子宮内膜症か他の嚢腫かによっては手術後の経過も異なります。最近では重篤な合併症を有する症例も増えているため、他科とも連携して治療にあたっています。
リウマチ・腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx03x0xx 【慢性腎不全(透析シャント狭窄等)】/内シャント血栓除去術 78 2.15 4.60 0.00 66.01
110280xx9900xx 【IgA腎症、腎炎、慢性腎臓病等】 /保存加療を行う、但し生検を行う場合あり 50 11.98 10.39 2.00 54.94
110260xx99x0xx 【ネフローゼ症候群】保存加療を行う、但し生検を行う場合あり 30 24.37 20.43 6.67 67.17
070560xx99x00x 【成人スチル病、全身性エリテマトーデス、血管炎、シェーグレン症候群等】/保存加療を行う、但し生検を行う場合あり 30 31.00 14.75 0.00 67.47
110280xx9901xx 【IgA腎症、腎炎、慢性腎臓病等】透析を行う、 22 19.41 13.74 4.55 71.59
当科は腎疾患、リウマチ・膠原病疾患、透析療法と3分野の診療を行っています。慢性腎臓病の保存期管理、維持透析導入(血液透析、腹膜透析)およびシャント狭窄に対する経皮的血管形成術や腹膜透析管理などの透析合併症が半数を占めています。急性腎不全に対する急性血液浄化療法も施行しております。また尿蛋白や尿潜血、腎機能障害を有する症例、慢性腎炎症候群、急性腎炎症候群、急性進行性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群などに対して腎生検を行い、組織診断により診断を確定し、その病態に適切な治療を選択して行っています。
リウマチ・膠原病疾患は、成人スチル病、全身性エリテマトーデス、ANCA関連血管炎などが多く、これらは全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患です。副腎皮質ステロイド、免疫抑制薬、生物学的製剤による治療を行います。
腎疾患、リウマチ・膠原病性疾患の免疫抑制療法により、肺炎、腎盂腎炎、敗血症など免疫機能低下を背景に発症する感染症にも対応しています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x00x 【肺がん】/胸腔鏡下による肺切除術 149 6.06 10.47 0.00 71.71
040200xx01x00x 【気胸】/胸腔鏡下による肺切除術 49 4.88 9.86 0.00 37.41
040150xx97x00x 【膿胸】 胸腔鏡下による肺切除術 12 14.67 29.54 8.33 67.58
040040xx9900xx 【肺がん】/保存加療 11 10.82 13.12 36.36 79.18
040040xx99040x 【肺がん】/抗癌剤による治療 11 3.00 9.07 0.00 70.55
・完全胸腔鏡下手術による低襲化手術(1~3箇所のきず)
・ロボット支援(ダビンチ)による胸腔鏡下手術
・気道形成術による肺温存
・高齢者肺がん(80歳以上)
・多職種によるチーム医療(呼吸器外科、呼吸器内科、放射線治療科、放射線診断科、リハビリ科、歯科等)
・患者サポート支援センターによる周術期ケア・サービス

 *詳細は「診療科のご案内へ」
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x5xx 【悪性リンパ腫】/化学療法 (リツキシマブ+他剤併用療法) 55 24.76 19.92 1.82 73.02
130030xx99x4xx 【悪性リンパ腫】/化学療法 (リツキシマブ単独療法) 31 14.48 10.66 0.00 69.45
130060xx97x00x 【骨髄異形成症候群】/輸血療法やリンパ摘出術を行う 28 29.79 14.55 3.57 79.82
130060xx99x4xx 【骨髄異形成症候群】/化学療法(アザシチジン) 23 8.17 10.12 0.00 72.61
130030xx97x50x 【悪性リンパ腫】/ 抗腫瘍剤注入用カテーテル設置等を行う リツキシマブ+他剤併用療法を行う 定義された副傷病:敗血症が無いこと 20 42.20 31.17 0.00 69.10
あらゆる血液疾患の診断と同種移植以外の治療に携わっています。疾患別入院数はリンパ系腫瘍が多く、その中でも悪性リンパ腫が最多であり、群馬県全域から紹介いただいております。診断から治療開始までの期間が短いことや併存疾患を有する患者さんに対して他科と連携し、様々な治療を行えることが当科の特徴です。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 【慢性扁桃炎、扁桃肥大等】/扁桃摘出術 但しアデノイド切除術等も併せて行う場合あり 79 8.77 7.84 0.00 23.16
030350xxxxxxxx 【上顎洞炎、前篩骨洞炎、副鼻腔炎等】/内視鏡下による手術。 但し鼻中隔矯正術等も併せて行う場合あり 42 6.52 6.47 0.00 57.02
030150xx97xxxx 【耳下腺腫瘍、鼻腔腫瘍、上顎洞腫瘍等】/摘出術 36 5.06 7.03 0.00 58.03
180060xx97xxxx 【頚部リンパ節腫、耳部・鼻部腫瘍等】/摘出術等 24 3.17 6.18 0.00 57.29
030240xx99xxxx 【急性喉頭蓋炎、急性扁桃炎 扁桃周囲膿瘍等】/保存加療 16 6.25 5.71 6.25 39.44
上位疾患の傾向として大きな変動はありません。疾患としては、扁桃摘出術を伴う慢性扁桃炎や扁桃肥大が最も多く、過去4年間変わりません。
小児睡眠時無呼吸関連も含めて20歳以下が25人で若年層に多いのが特徴です。大多数が8~9日で退院しています。 
上記表に表れておりませんが、悪性リンパ腫、頭頸部悪性腫瘍、顔面神経麻痺、声帯ポリープに対する治療も行っております。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x 【てんかん】保存療法 34 16.38 7.22 20.59 56.00
010060x2990401 【脳梗塞/3日以内発症/JCS10未満】脳保護療法 29 25.48 15.63 41.38 69.17
010080xx99x0x1 【髄膜炎】保存療法 17 27.53 16.74 17.65 44.53
010061xxxxx0xx 【内頚動脈不全症、一過性健忘症等】保存療法 11 6.82 6.40 0.00 76.91
040081xx99x0xx 【誤嚥性肺炎】保存療法 11 29.45 20.57 36.36 70.18
脳梗塞や一過性脳虚血発作の虚血性脳卒中の患者数が40人と最も多く(軽~重症まで合わせた合計)、急性期治療やリハビリテーションを施行した後、約1/3が他院に転院しています。重症度中~重度の方の在院日数が若干全国平均より延長しているのは高齢者でみられやすい合併症の治療も確実に行うためです。重症度が軽度の方の平均在院日数が概ね全国平均であることは、早期から社会福祉士を含むチーム医療に心がけるとともに、脳卒中連携パス等を通じて、回復期リハビリテーション病院との病診連携が良好なことを示しています。痙攣発作で入院されたてんかんの患者数が34人で脳血管障害に次いで2番目に多い疾患となっています。
当院では中でも痙攣重積状態(痙攣発作が長時間停止しない状態)で搬送される重症の方が多く、そのような方はどうしても治療と回復に時間を要するため在院日数が全国平均より延長していて、なおかつ転院となる方も多くならざるを得ないと考えられます。
3位の髄膜炎についても緊急性を要する疾患であり前年度より増加しています。当院は脳神経内科医が常勤している救急病院ですので神経疾患の中でも緊急を要する疾患やその中でもより重症度の高い方をお引き受けしている傾向にあります。地域からの信頼をいただき、また地域医療機関のご理解をいただいてスムーズな患者さんの受け入れ・治療、必要に応じてその後のリハビリ転院など連携に努めています。神経救急疾患の他にもいわゆる神経難病の方まで幅広い患者層の方をお引き受けさせていただいております
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 【薬物中毒、一酸化中毒等】  71 4.59 3.70 11.27 44.07
180010x0xxx2xx 【敗血症】 13 25.23 31.19 84.62 77.85
- - - - 20.57 - -
- - - - 8.30 - -
- - - - 6.45 - -
・当科の主な業務は救急外来、ドクターヘリ、ドクターカー、ICU業務であり、ここに公開されているデータは当科にとっては副次的な業績であります。
当科の方針は 1) 一秒でも早く救急医療(初期医療)を行います。
2) 熱傷や外傷、全身疾患等、重篤でさまざまな救急疾患に対応できる診療体制をとっております。
3) 県内全体の救急医療を支えています。
DPCコードは、部位や手術、処置、合併症で細分化されるためさまざまな疾患に対応している当科では統一された病名や各手術・処置の件数は年間10件に満たないものが多数あります。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 【白内障、水晶体の疾患(片側)】/手術 244 2.00 2.71 0.41 74.66
- - - - 4.83 - -
- - - - 3.25 - -
- - - - 8.86 - -
- - - - 10.39 - -
当院眼科は主に1泊2日入院の白内障手術を最も多く行っています。
乳腺・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx010xxx 【乳がん】/腋窩郭清を伴わない乳房切除術あるいは腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの 86 7.66 10.15 0.00 61.95
090010xx02xxxx 【乳がん】/腋窩郭清を伴わない乳房部分切除術 47 5.00 5.88 0.00 60.26
090010xx99x8xx 【乳がん】/化学療法(ペルツズマブ) 18 2.00 4.21 0.00 58.11
- - - - 9.61 - -
- - - - 8.19 - -
当科では主に乳癌と甲状腺癌の手術を行っています。入院中はクリティカルパスを用いて安心で安全な術後管理を行い、短い期間の入院で早期の社会復帰ができるようサポートしています。
また初回の抗癌剤治療は、希望者には短期入院(2日)で開始することで副作用に対する不安の軽減に努めています。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
10007xxxxxx1xx 【体内が酸性度になる重症例を除外した2型糖尿病】/インスリン製剤 31 13.87 14.41 3.23 67.03
100202xxxxxxxx 【副腎皮質機能低下症】保存加療 16 3.06 10.38 0.00 35.94
100040xxxxx00x 【低血糖昏睡】/保存加療 12 17.17 13.25 8.33 60.83
- - - - 11.15 - -
- - - - 6.68 - -
糖尿病は一人一人がそれぞれ違った病態を有しています。診察、検査などから、それぞれの特性を把握して、適した治療を選択しています。
入院治療は、糖尿病教育目的ではクリニカルパスを利用して、指導、教育、診療、合併症検索を行い治療しています。糖尿病ケアシドーシス、糖尿病性昏睡、
糖尿病を合併した重症感染症、外傷などの重症症例や緊急症例、また、手術前の血糖コントロールや糖尿病合併妊娠症例などの入院治療を行っています。また免疫チェックポイント阻害薬の使用による副腎皮質機能低下症例も増え、その診断、治療を迅速に行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 【腹部大動脈瘤、腸骨動脈瘤等】/ステントグラフト内挿術 14 9.57 11.06 0.00 74.57
050080xx0101xx 【大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁閉鎖不全症など】/弁置換術や弁形成術/中心静脈注射あるいは人工呼吸あるいは両方 12 29.08 21.93 0.00 71.08
050050xx0111xx 【不安定狭心症、陳旧性心筋梗塞等】冠動脈バイパス移植術 2吻合以上  11 30.36 26.82 0.00 67.18
050161xx97x1xx 【急性大動脈解離スタンフォードA型、解離性大動脈瘤など】 /大動脈瘤切除術、オープンステントグラフト内挿術/中心静脈注射あるいは人工呼吸あるいは両方 10 28.20 29.08 10.00 66.40
- - - - 16.85 - -
当科は成人の心臓・大血管を主に対象としています。
・腹部大動脈瘤や腸骨動脈瘤は、腹部大動脈壁や腸骨動脈壁の一部が、コブのように拡張する病気です。
いずれも手術は2通りあります。 開腹しコブを切開し人工血管に置換する方法と、開腹せず血管内加療の手技を用いてステントグラフト内挿術があります。
腹部大動脈瘤や腸骨動脈瘤は 術後は一般病棟で術後リハビリを行い経過を観察し、術後を平均6日前後で退院しております。

・大動脈弁狭窄症や大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁閉鎖不全症は、大動脈弁や僧帽弁に障害があるため血液の逆流が起こり、心臓に負担がかかる状態です。逆流を防止する目的で大動脈弁や僧帽弁を、人工弁に取り替える手術や自己弁を修理する手術を行います。
通常は、胸骨正中切開にて行っておりますが、症例によっては、右開胸小切開にて内視鏡を使用し施行することもあります(MICS手術)。
大動脈弁狭窄症等の弁膜症手術は、術後ICUで全身管理を行います。人工呼吸器離脱後にリハビリを行い、一般病棟に転 棟後も引き続きリハビリ継続し、術後検査で経過を観察します。

・狭心症や心筋梗塞等は、動脈硬化が原因で心臓に酸素を運ぶ血管が狭くなり、心臓の筋肉に十分酸素が運べなくなることにより胸痛発作をおこす病気です。
心筋梗塞は、冠動脈の狭いところが完全に閉塞して心臓の筋肉が壊死する病気です。
手術は通常、冠動脈の詰まった所や細くなったりしている所の先に「新しい血管」を繋ぎます。そこから血流がたくさん流れるようにして、心臓に流れる血液を増やし、狭心症発作、心筋梗塞、心不全
が起こらないようにすることが目的です。術後ICUで全身管理を行います。人工呼吸器離脱後にリハビリを行い、一般病棟に転 棟後も引き続きリハビリ継続し、術後検査で経過を観察します。

・急性大動脈解離や解離性大動脈瘤は、大動脈の血管壁の一部が裂けた状態です。
その多くが急性発症ですぐにでも手術しないと血管が破裂したり、臓器障害を起こしたりすることがあり、命を落とす疾患で緊急手術を要します。
急性大動脈解離等は、術後ICUで全身管理を行います。人工呼吸器離脱後にリハビリを行い、一般病棟に転棟後も引き続きリハビリ継続し、術後検査で経過を観察します。
尚、 少数例ですが、左心房粘液腫、感染性心内膜炎、左室自由壁破裂に対する手術・治療も行いました。 
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 【皮膚等の悪性腫瘍】/皮膚切除術を行う 但し植皮術を併施する場合あり手術・処置等2 なし 10 15.30 7.68 0.00 *80.60
- - - 13.07 - -
- - - 3.36 - -
- - - 29.17 - -
- - - 4.01 - -
皮膚の悪性腫瘍等ではこれより多い症例を通院で手術しています。(外来手術)。頭頚部で出血が多く見込まれる場合や患者さんの状態に応じてに入院していただくことがあります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 72 14 37 50 15 12 1 8
大腸癌 57 43 80 78 23 55 1 8
乳癌 63 51 17 - - 22 1 8
肺癌 121 41 95 177 36 136 1 8
肝癌 - 58 24 14 27 114 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌(胃癌、大腸癌、肝癌、肺癌、乳癌)の患者さんの人数を、初発と再発に分けて集計しています。
初発は、がんの進行度合いを示すUICC病期分類(StageⅠ~Ⅳ)別に表示しております。
当院では、地域がん診療連携拠点病院の指定を受けており、幅広いがん治療を提供しております。
患者さんの人数が10人未満の項目は、「-」で表しております。
•病期分類基準・・・UICC TNM分類(国際対がん連合(UICC)が定めた腫瘍分類)で表記しています。
•版数・・・UICC TNM分類の版数で、第8版を採用しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 38 19.53 74.55
重症 18 20.11 84.33
超重症 10 37.30 86.30
不明 - - -
市中肺炎とは、病院の外で日常の生活を送っている人が感染し発症する肺炎のことです。成人市中肺炎診療ガイドラインに基づき、細菌による肺炎を集計しています。軽症者から超重症まで幅広い年齢層の患者さんを受け入れており、早期退院を目指してリハビリテーション等を積極的に提供しています。
重症度は「性別・年齢」「尿素窒素(BUN)」「動脈血酸素飽和度」「意識障害」「血圧」について基準に沿って評価し、重症度0~5に分類し、重症度0を「軽症」、重症度1~2を「中等症」、重症度3を「重症」、重症度4~5を「超重症」としています。
患者さんの人数が10人未満の項目は、「-」で表しています。
•平均在院日数・・・入院されていた日数の平均値です。
•平均年齢・・・当院に入院した時点の年齢の平均です。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 253 29.42 75.81 43.08
その他 - - - -
脳梗塞の患者さんを集計しています。
先進の診断技術により迅速に脳卒中診断を行い、多職種でのチーム医療により効果的な治療を行っています。回復期リハビリテーション病院や維持期の管理を担う施設(介護施設・療養型病院等)と地域連携パスを用いて連携し、継続的な脳卒中医療を行っています。
•患者さんの人数が10人未満の項目は、「-」で表しています。
•平均在院日数・・・入院されていた日数の平均値です。
•平均年齢・・・当院に入院した時点の年齢の平均です。
•転院率・・・退院患者さんのうち、他の病院に転院(入院)された患者さんの割合です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 178 2.58 7.24 6.74 *73.61
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 89 1.09 7.01 0.00 *76.12
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 57 0.07 1.00 0.00 72.25
K654 内視鏡的消化管止血術 53 0.53 7.55 3.77 *71.85
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜下層剥離術) 50 1.02 6.00 0.00 *73.66
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 99 1.09 5.17 4.04 *63.92
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 74 1.16 2.30 1.35 68.38
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 49 2.92 8.51 0.00 71.22
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 38 0.32 2.84 0.00 36.89
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 等 25 8.12 19.16 8.00 72.28
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 95 1.76 22.26 52.63 *69.72
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 44 1.77 14.43 34.09 *71.02
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 38 1.97 11.08 13.16 *57.68
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 36 3.72 23.94 72.22 *78.39
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定) 27 3.89 26.07 18.52 67.78
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 148 0.62 3.60 8.78 *77.23
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 103 1.42 2.91 0.00 *73.01
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 47 1.21 2.49 0.00 *63.77
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純なもの) 29 0.34 1.00 0.00 *66.17
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 21 1.90 8.00 4.76 65.90
美容・形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 20 0.65 1.00 0.00 12.25
K333 鼻骨骨折整復固定術 20 1.00 1.00 0.00 25.65
K0061 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝未満) 等 19 0.53 3.58 0.00 *37.95
K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝未満) 19 0.79 1.00 0.00 18.47
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 17 0.94 2.53 0.00 50.35
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 98 0.95 4.26 0.00 39.32
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 86 1.09 5.23 0.00 46.70
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 38 1.00 5.03 0.00 36.76
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 16 2.56 8.31 0.00 62.00
K877 子宮全摘術 14 3.57 7.07 0.00 52.00
心臓血管内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 61 3.25 3.89 1.64 *72.75
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 38 2.53 3.03 2.63 73.26
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 32 0.00 13.44 3.13 *72.44
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 27 3.78 13.70 0.00 *80.37
K597-3 植込型心電図記録計移植術 23 1.04 0.70 0.00 61.35
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 73 1.36 3.22 0.00 72.19
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 52 2.04 1.88 1.92 *37.98
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 39 1.77 2.64 0.00 67.87
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 21 1.38 3.05 0.00 74.19
K496-2 胸腔鏡下醸膿胸膜又は胸膜胼胝切除術 15 4.40 8.07 6.67 67.07
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 76 1.00 6.92 0.00 22.41
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 27 1.00 4.63 0.00 54.89
K6261 リンパ節摘出術(長径3センチメートル未満) 21 0.62 1.19 0.00 *61.62
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) 18 1.44 1.11 0.00 69.61
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 17 1.00 4.24 0.00 56.88
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 53 0.60 9.77 20.75 *78.72
K178-4 経皮的脳血栓回収術 26 0.31 26.85 69.23 *77.12
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 20 4.20 43.30 10.00 61.50
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 19 3.32 44.74 42.11 67.11
K1781 脳血管内手術(1箇所) 18 2.56 31.11 16.67 66.33
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 246 0.00 1.00 0.41 *74.52
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) - - - - -
- - - - - - -
乳腺・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 50 1.30 4.68 0.00 *63.98
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 47 1.00 3.00 0.00 60.26
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 25 1.00 6.84 0.00 64.56
K4633 甲状腺悪性腫瘍手術(全摘及び亜全摘)(頸部外側区域郭清を伴わないもの) - - - - -
K4768 乳腺悪性腫瘍手術(乳輪温存乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) - - - - -
リウマチ・腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) 79 0.41 1.58 0.00 *65.53
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純なもの) 30 21.50 25.23 13.33 66.83
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K616-42 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(1の実施後3月以内に実施する場合) - - - - -
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈バイパス移植術(2吻合以上) 等 18 9.50 24.72 5.56 66.78
K5551 弁置換術(1弁のもの) 16 5.50 25.00 0.00 73.00
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 13 2.85 5.62 0.00 74.54
K5601ニ 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(上行大動脈)(その他のもの) - - - - -
K5612イ ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) - - - - -
集中治療科・救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 13 12.85 34.62 76.92 62.00
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方又は後側方固定) - - - - -
K6021 経皮的心肺補助法(1日につき)(初日) - - - - -
K386-2 輪状甲状靱帯切開術 - - - - -
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 12 47.33 52.08 33.33 71.75
K386 気管切開術 - - - - -
K597-3 植込型心電図記録計移植術 - - - - -
K0461 骨折観血的手術(上腕) 等 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 10 14.70 15.70 0.00 64.60
K9212ロ 造血幹細胞採取(一連につき)(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) - - - - -
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純なもの) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 11 0.00 17.09 9.09 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) - - - - -
K851-31 癒合陰唇形成手術(筋層に及ばないもの) - - - - -
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(硬膜下のもの) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) - - - - -
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 37 0.31
異なる 44 0.36
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 23 0.19
異なる - -
「播種性血管内凝固症候群」「敗血症」「その他の真菌感染症」「手術・処置等の合併症」で入院された患者さんの人数とその発生率(全退院患者数に対する割合)を集計しています。
入院契機とは、入院のきっかけとなった傷病名を指しています。DPCコードを決定する傷病名は、入院中に最も治療を要した病名(DPC病名)であり、入院契機病名とは区分されます。
表の「同一」とは、入院契機病名とDPC病名が同じもののことを指し、「異なる」とは、入院契機病名とDPC病名が違うものを指します。患者さんの人数が10人未満の項目は「-」で表しています。
この集計分野(その他DIC他)における104件のうち、「敗血症」が81件と最も多く、77%を占めています。
手術処置等の合併症では透析シャント閉塞、後出血、CAPD腹膜炎、創部感染等あります。
更新履歴
2022.09.30
令和3年度病院指標公開しました。