地域がん診療連携拠点病院

当院は「地域がん診療連携拠点病院」です。

当院は、厚生労働省から、地域でのがん医療の中心的役割を担う施設として、「地域がん診療連携拠点病院」に指定されています。

「地域がん診療連携拠点病院」とは、質の高いがん医療を全国で等しく実施できるようにするため、わが国に多いがん(肺がん・胃がん・大腸がん・乳がん等)について、各地域におけるがん診療の連携・支援を推進するために拠点として設けられた病院です。 当院は平成20年2月8日付けで厚生労働大臣から「地域がん診療連携拠点病院」に指定されており、患者さんが質の高いがん診療が受けられるような環境の整備および診療の実施を、各診療科,放射線治療科,放射線診断科,病理診断科が一体となり,シームレスな診療を行うことで最新・最適な医療を提供していく所存です。

役割

  • 地域におけるがん診療の中心となって高度ながんの診断と治療(手術・緩和ケア・化学療法・放射線治療・先進治療)の提供
  • 地域の医療機関と連携して質の高い医療の提供
  • がん患者の病態に応じたより適切ながん医療の提供
  • セカンドオピニオンの提供
  • 院内・外を対象とした医療従事者への教育・研修を行う
  • 地域住民へがん診療の最新情報の提供及び相談支援を行う

上記の役割のほか、国のがん対策推進基本計画の一環として行われる、がん対策効果や進捗を知るための各種調査に協力しています。

病院長


TOPICSサイバーナイフM6の導入

2018年6月1日、新病院へ移転後、当院では群馬県で初めて、最新鋭の定位放射線治療装置であるサイバーナイフM6を導入し、9月より治療開始を予定しています。サイバーナイフを用いて、病変周辺の 正常組織や重要臓器への影響を最小限にとどめながら、低侵襲で高精度ながん治療を短期間で行う環境が整うことになります。

放射線治療科のページへ