神経内科
Neurology

特色

脳・脊髄・神経・筋の多岐にわたる神経内科疾患を扱っていますが、高度救命救急センターを有する急性期病院であるため、特に脳血管障害や髄膜炎・脳炎等の炎症性疾患や痙攣発作など緊急性の高い疾患を当直医の要請のもと24時間拘束体制で診療に当たっています。特に急性期脳梗塞患者には経験豊かな脳外科医と連携しrt-PA静注療法をはじめ最善の治療を心がけています。
神経内科における専門的治療としては、免疫系神経疾患(ギラン・バレー症候群、重症筋無力症など)に対する血漿交換療法、大量γグロブリン療法や眼瞼痙攣・片側顔面痙攣などに対するボツリヌス毒素注射を行っています。アルツハイマー病、パーキンソン病、レビー小体病などの神経変性疾患の診断には、MRIでのVSRAD解析、ECD-SPECTのeZIS解析、MIBG心筋シンチグラム、DAT SPECTなどの画像診断を駆使し、また、診断困難な症例には積極的に髄液診断も行っています。

スタッフ紹介

名前 卒年 職名 専門分野 資格

針谷 康夫

1981年 部長 臨床神経学・老年神経学特に神経変性疾患
(アルツハイマー・パ-キンソンなど)
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会指導医
日本認知症学会専門医
日本認知症学会指導医
日本神経学会認定神経内科専門医
日本神経学会指導医
日本老年医学学会専門医
日本脳卒中学会専門医
臨床研修指導医

水島 和幸

1993年 副部長 神経内科一般
日本内科学会認定内科医
日本認知症学会専門医
日本神経学会認定神経内科専門医 
日本神経学会指導医 
日本頭痛学会専門医 
臨床研修指導医

岡 大典

2015年 専攻医 神経内科一般  

青木 蕉

2015年 専攻医 神経内科一般  

学会・論文業績

学会発表

学会活動としては日本神経学会学術大会、日本神経学会関東・甲信越地方会、日本認知症学会総会、欧州神経学会に毎回演題を発表しています。健康教室での啓蒙活動、群馬脳卒中救急医療ネットワーク、年2回の脳外科・救急科・救急隊・看護師・かかりつけ医を交えた脳神経救急医療カンファレンスへの協力、参加を行っています。
今後も積極的に学会に参加発表し、最新の医療を習熟し、創り上げるのが我々の使命であり、今後も日々の研鑚に務めたいと考えています。

Yasuo Harigaya, Yuta Nakano, Hiroyuki Hatsuta,et al
Clinical features of adult-onset neuronal intranuclear inclusion disease.
2nd Congress of the European Academy of Neurology.2016.5 Copenhagen Denmark.
針谷康夫,佐藤正行,水島和幸
神経核内封入体病でのMRI拡散強調画像U fiber高信号病変に対する脳機能解析の試み
第57回日本神経学会学術大会 2016.5 神戸
佐藤正行,水島和幸,針谷康夫
Downbeat nystagmusを呈した抗GAD抗体陽性小脳失調症の54歳女性例
第218回日本神経学会関東・甲信越地方会 2016.9 東京
針谷康夫,佐藤正行,水島和幸 他
PRRT2遺伝子変異を確認した発作性運動起源性ジスキネジアの2例
第219回日本神経学会関東・甲信越地方会 2016.12 東京
水島和幸,佐藤正行,針谷康夫
妊娠中に発症した単純ヘルペス脳炎の25歳女性例
第220回日本神経学会関東・甲信越地方会 2017.3 東京
論文発表
Harigaya Y, Matsukawa T, Fujita Y, Mizushima K, Ishiura H, Mitsui J, Morishita S, Shoji M, Ikeda Y, Tsuji S.
Novel GBE1 mutation in a Japanese family with adult polyglucosan body disease.
Neurol Genet. 2017 Feb 24;3(2):e138.
針谷康夫
BPSD治療における抑肝散加陳皮半夏の位置付け
第34回日本認知症学会学術集会 ランチョンセミナー レポート Phil漢方 No.58,2016

外来スケジュール

 
午前 針谷 康夫 水島 和幸 青木 蕉
東 裕美子
水島 和幸 針谷 康夫
岡 大典
午後   針谷 康夫
物忘れ外来
(予約)
     

臨時休診日


© 前橋赤十字病院 病院紹介 個人情報保護法 採用情報