眼科
Ophthalmology

特色

地域支援病院の眼科として、眼の救急・急性期治療、入院が必要な疾患の加療に特に力を注いでいます。 地域の医療機関から多数紹介頂いています。また群馬大学眼科とも提携し高度な診断、治療を行っています。

専門分野のご紹介

最新の眼底OCT(3次元光干渉断層計)を導入しました

糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症、黄斑前膜、黄斑円孔などの網膜硝子体疾患に対し精密な診断を行っています。糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症等の疾患に対し、網膜光凝固術を行っています。最新の治療法として網膜硝子体疾患に対し、ルセンティス、アイリーア、マキュエイドなどの硝子体注射を導入しています。また、これまでのOCT装置(シラスSD-OCT:Zeiss)に加え、最新のOCT装置(SS-OCT:TOPCON)を導入しました。深さ方向の信号低下が少ないため、硝子体や脈絡膜の病変が詳細に描出可能です。これにより、後眼部疾患の診断精度がさらに向上しました。

小切開白内障手術だけで無く、難症例の白内障手術にも対応しています

当科では一般的な小切開白内障手術、全身麻酔での白内障手術、全身状態が不安定な方の白内障手術、小瞳孔、緑内障合併等の難症例にも対応しています。 手術は基本的に1泊2日で行っています。

緑内障の精密診断から手術まで行っています

OCT(3次元光干渉断層計)、ハンフリー視野検査計、ゴールドマン視野検査計等を用いて精密な診断を行っています。 OCTでは視神経乳頭陥凹の程度を数値化し、経時的に解析することにより、患者様への疾患の御理解を深めることができるようになりました。OCTは痛みも無く、数分で終了、分析できる器械です。 緑内障を早期に発見し点眼治療、レーザー治療、線維柱帯切除術等の手術を症状に応じて行います。

斜視(先天性、小児、後天性)、弱視、ロービジョンにも力を入れています

当科では3人の視能訓練士が斜視、弱視の検査と訓練にあたっています。 大型弱視鏡、ヘスチャート等を用いて精密な眼球運動検査を診断することができます。 必要に応じてプリズム眼鏡処方、斜視手術等も行っています。

バセドウ病眼症、視神経炎等の診断・治療を行っています

当院内科、神経内科と連携し、MRI、血液検査等によりバセドウ病眼症の活動性、視神経炎等を診断し、ステロイドパルス療法を行っています。 バセドウ病眼症に対し状況に応じてステロイド局所注射、放射線治療を併用しています。

角膜潰瘍、眼窩蜂巣炎、涙嚢炎の入院治療を行っています

感染性疾患に対し入院の上、抗生剤点滴を行っています。

眼瞼下垂、眼瞼内反症(逆さまつ毛)等の眼瞼手術を行っています

主に1泊入院で行っています。眼瞼腫瘍の切除、病理診断等も行っています。

角結膜疾患の手術を行っています

翼状片、結膜弛緩症、帯状角膜変性症等に対する手術治療を行っています。 結膜弛緩症については切除術に加えて最近ではバイポーラによる熱凝固術を行っています。

ドライアイ、眼精疲労外来開設しました

点眼、コラーゲンプラグ、涙点プラグ、蒸気温熱等の治療を行っています。

トピックス

  1. 当科ではOCT Angiographyを導入しました。OCT Angiographyは画期的な画像診断技術で、最近の眼科領域で最もホットなトピックスの一つです。造影剤を使用せず、患者様の体に負担をかけずに網膜の血管を画像化できます。網膜の毛細血管の閉塞や新生血管を検出することができ、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性の診断レベルが向上しました。
  2. 群馬大学と共同で行なってきた硝子体の研究が、第61回北関東医学会総会(2014年9月26日)にて北関東医学会奨励賞を、第53回日本網膜硝子体学会総会(2014年11月29日)にて第7回田野Young Investigator’s Award を受賞しました。また、硝子体の教科書「Vitreous in Health and Disease(J. Sebag 編)」に研究内容が掲載されました。

診療の傍ら、硝子体(しょうしたい)を研究しています。硝子体は眼球の約7割の体積を占める寒天のような組織です。透明で観察が難しいのですが、OCTが進化していろいろなことがわかってきました。硝子体は加齢で変化すると網膜を牽引し、網膜剥離などの病気を引き起こします。硝子体のしくみを解明することで網膜硝子体疾患の予防や治療に役立てたいです。

スタッフ紹介

名前 卒年 職名 専門分野 資格
鈴木 康太 2007年 副部長 白内障
網膜硝子体
日本眼科学会認定眼科専門医

学会・論文業績

学会発表・啓蒙活動

定期的に眼科学会に参加し、研究内容を発表しています。 また、疾患や治療への理解を深めてもらうために、地域の患者さんや医療関係者を対象とした教育・啓発活動を行っています。

  1. 第114回日本眼科学会総会「硝子体黄斑牽引症候群における後部硝子体皮質の分離」2010年4月15日(名古屋)
  2. 第56回日赤健康教室「白内障と緑内障~そのしくみと治療~」2010年4月20日(前橋)
  3. 第169回前橋市薬剤師会定期研修会「なるほど、納得!点眼指導」2010年9月7日(前橋)
  4. 群馬県薬剤師会太田支部研修会「ここがポイント!点眼指導」2010年10月22日(太田)
  5. 群馬県視能訓練士勉強会「あわてない!眼科救急」2010年10月31日(前橋)
  6. 高崎市薬剤師会学術研修会「明日から役立つ、点眼指導」2011年2月8日(高崎)
  7. 第446回前橋医師会卒後研修会「OCT~眼科の最新検査」2011年7月14日(前橋)
  8. 第65回日本臨床眼科学会「体位による後部硝子体皮質前ポケットの形状変化」2011年10月7日(東京)
  9. 第66回日本臨床眼科学会「黄斑部硝子体剥離の進展と発症年齢」2012年10月25日(京都)
  10. 第117回日本眼科学会総会「Swept source OCTによる後部硝子体皮質前ポケットの観察」2013年4月4日(東京)
  11. 第81回前橋日赤健康教室「白内障、手術適応と合併症」2013年9月27日(前橋)
  12. Dry Eye Symposium in 信州「まぶたとムコスタ」2013年10月12日(軽井沢)
  13. 第118回日本眼科学会総会「強度近眼における後部硝子体の変化(第67回日本臨床眼科学会学術展示優秀賞受賞講演)」2014年4月6日(東京)
  14. 第61回北関東医学会総会「硝子体の成分解析と画像診断(北関東医学会奨励賞受賞講演)」2014年9月26日(前橋)
  15. 第68回日本臨床眼科学会「硝子体画像診断の新知見(TOPCONランチョンセミナー)」2014年11月12日(神戸)
  16. ファイザー・サージャンズシアター2015「硝子体のOCT画像診断学」2015年6月6日(名古屋)
  17. シンポジウム「OCT imagingの最前線:硝子体のOCT」第51回日本眼光学学会総会2015年9月26日(岡山)
  18. 第72回日本弱視斜視学会総会「3歳児健診で見過ごされた弱視の症例」2016年6月24日(横浜)
  19. 第5回 Alconサマーセミナー「OCTで観る後極への房水経路の可能性」2016年7月9日(名古屋)
  20. 第121回日本眼科学会総会「群馬県乳幼児健診における視覚発達の啓蒙・屈折検査導入への取り組み」2017年4月7日(東京)
論文発表

眼科領域の基礎研究・臨床研究を国際誌・国内誌に発表しています。最新かつ科学的エビデンスに基づいた治療をご提供できるように心がけています。

斜視・弱視
  1. 板倉麻理子, 高橋美和子, 小島由加利, 小板橋杏里, 板倉宏高. 3歳児健診で見過ごされた弱視の症例. 眼臨紀 10: 153-6, 2017
外眼部・前眼部
  1. Itakura M, Itakura H, Kashima T, Akiyama H, Kishi S. Topical rebamipide improves the ocular surface in mild lagophthalmos. Clin Ophthalmol 7:1333-8, 2013
  2. 板倉麻理子, 板倉宏高, 小島由加利, 後藤英樹. 眼精疲労に対する湿熱シートと直線偏光近赤外線星状神経節近傍照射の効果. 臨眼 66: 291-4, 2012
  3. Itakura H, Kashima T, Itakura M, Akiyama H, Kishi S. Topical rebamipide improves lid wiper epitheliopathy. Clin Ophthalmol 7: 2137-41, 2013
後眼部(網膜硝子体)
  1. Itakura H, Kishi S, Kotajima N, Murakami M. Persistent secretion of vascular endothelial growth factor into the vitreous cavity in proliferative diabetic retinopathy after vitrectomy. Ophthalmology 111:1880-4, 2004
  2. Itakura H, Kishi S, Kotajima N, Murakami M. Vitreous collagen metabolism before and after vitrectomy.Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 243:994-8, 2005
  3. Itakura H, Akiyama H, Hagimura N, Doi H, Tanaka T, Kishi S, Kurabayashi M. Triamcinolone acetonide suppresses interleukin-1 beta-mediated increase in vascular endothelial growth factor expression in cultured rat Muller cells. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 244:226-31, 2006
  4. Itakura H, Kishi S, Kotajima N, Murakami M.Decreased vitreal hyaluronan levels with aging. Ophthalmologica 223:32-5, 2009
  5. Itakura H, Kishi S. Intravitreal injection of 0.3 ml of SF6 gas for persistent subfoveal fluid after scleral buckling for rhegmatogenous retinal detachment. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol 247:1147-50, 2009
  6. Itakura H, Kishi S. Aging changes of vitreomacular interface. Retina 31:1400-4, 2011
  7. Itakura H, Kishi S. Restored Photoreceptor Outer Segment in Commotio Retinae. Ophthalmic Surg Lasers Imaging 42:e29-31, 2011
  8. Itakura H, Kishi S. Vitreous Cortex Splitting in Cases of Vitreomacular Traction Syndrome. Ophthalmic Surg Lasers Imaging 43:e27-29, 2012
  9. Itakura H, Kishi S. Alterations of posterior precortical vitreous pockets with positional changes. Retina 33: 1417-20, 2013
  10. Itakura H, Kishi S, Li D, Akiyama H. Observation of posterior precortical vitreous pocket using swept-source optical coherence tomography. Invest Ophthalmol Vis Sci 54: 3102-7, 2013 11. Itakura H, Kishi S. Evolution of vitreomacular detachment in normal subjects. JAMA Ophthalmol 131: 1348-52, 2013
  11. Itakura H. Diagnostic imaging of the vitreous by optical coherence tomography. IJOES 1:210, 2013
  12. Itakura H, Kishi S, Li D, Nitta K, Akiyama H. Vitreous Changes in High Myopia Observed by Swept-Source Optical Coherence Tomography. Invest Ophthalmol Vis Sci 55: 1447-52, 2014
  13. Itakura H, Kishi S, Li D, Akiyama H. En face imaging of posterior precortical vitreous pockets using swept-source optical coherence tomography. Invest Ophthalmol Vis Sci 56: 2898-900, 2015

外来スケジュール

 
午前 鈴木 康太 鈴木 康太 鈴木 康太 鈴木 康太 鈴木 康太
午後 特殊外来
鈴木 康太
手術 特殊外来
鈴木 康太
戸所 大輔
手術 特殊外来
鈴木 康太 (第2・4週))

臨時休診日


© 前橋赤十字病院 病院紹介 個人情報保護法 採用情報