精神神経科
Neuropsychiatry

現況

 平成30年6月より、7階に身体合併症治療を目的とした精神科病棟(閉鎖病棟、22床)ができました。
 精神科医は3名に増員し、身体各科の先生方と協力しながら合併症治療(身体疾患と精神疾患の合併)を行っています。
 県内の精神科病院だけでなく、地域の総合病院、施設から等、救急外来を通じて、もしくは身体医からの連絡を通じて、当院に入院となります。
 当院で身体疾患の入院治療を要する者のうち、精神状態が不安定なために一般病棟では対応困難な症例に対して、精神保健福祉法に則り、精神病床に入院する形で、精神状態の安定化を図りながら、身体疾患の治療を進めています。
 精神科病棟に入院となる症例の多くは医療保護入院となり、ご家族の同意による入院の手続きが必要となります。
身体各科の医師が主治医となり、精神科医は担当医になり、役割分担することで専門性を維持しています。
夜間や休日はオンコール体制で対応しています。

精神科医3名で、精神科病棟での合併症医療と、一般病棟へのリエゾン活動(緩和ケアや認知症ケアを含む)を担っています。
 院内コンサルテーションや身体合併症の受入相談は平日日勤帯に行っています。
精神科外来も続けていますが、新患(精神疾患)は現在のところ火曜日と木曜日の受付に絞っています。

 

群馬県内では新しい取り組みですが、地域医療に貢献できるように進めていきたいと考えています。

スタッフ紹介

名前 卒年 職名 専門分野 資格

小保方 馨

1993年 部長 精神医学・心身医学・メンタルヘルス
精神保健指定医
日本精神神経学会専門医・指導医
日本老年精神医学会専門医・指導医
一般病院連携精神医学専門医・指導医
日本緩和医療学会暫定指導医
日本児童青年精神科認定医
日本医師会認定産業医
産業精神保健専門職
日本プライマリ・ケア認定医
日本プライマリ・ケア認定指導医
子どものこころ専門医
臨床研修指導医
臨床心理士

大舘 太郎

2001年 副部長 精神科救急医療・思春期精神科医療・産業精神医学
日本精神神経学会専門医
日本医師会認定産業医

相澤 千鶴

2006年 副部長 精神科全般
精神保健指定医
日本精神神経学会専門医
臨床研修指導医

学会・論文業績

学会発表
小保方馨
前橋赤十字病院の新築移転に伴う身体合併精神病棟の設置の進捗状況について
第41回群馬精神医学会 2016.10 前橋

外来スケジュール

 
午前
(再診・予約のみ)
小保方 馨 小保方 馨 小保方 馨 小保方 馨 小保方 馨

© 前橋赤十字病院 病院紹介 個人情報保護法 採用情報